バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島格安航空券のLCCは追加料金がある?何がいくら位なのか

2017/12/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島旅行が2017年に大きく変わりつつあります。

格安航空券で人気のLCCエアアジアの運航が毎日行われるようになりました。

 

申し込みも上々で9月からは新宿で対面窓口もできました。

 

しかし、LCCというと追加料金がいろいろあって実際思っていたよりもかかってしまうこともあります。

 

追加料金は何がいくらくらいなのか?

Sponsored Link

バリ島旅行の費用を左右する物に航空券があります。

特に時間との兼ね合いもあり直行便を希望している方には今までガルーダ・インドネシア航空しかありませんでした。

 

しかし、ガルーダ・インドネシア航空はフルサービスのために価格もそれなりにかかってしまいます。

もちろんサービス面は満足度が高いのですがやはり選択肢がないというのは・・・。

 

2017年6月がらLCC(格安航空会社)のエアアジアがバリ島までの直行便を毎日運航するようになり価格の選択肢も増えバリ島への旅行者の増えているとのことです。

 

意外と航空運賃にしか目がいかずに飛びついてみたら追加サービスがあって料金を取られてしまったなんて言う失敗談も聞きます。

 

事前にどのようなサービスが用意されていてどれくらいの追加料金なのかを知っておきくことで選択するものが決まりますね。

 

今回は、エアアジアバリ島直行便の追加サービスの種類と料金についてまとめてみます。

 

☆LCCは追加サービスの決め方がかぎ?

 

LCCは様々なコストカットをすることで格安運賃を実現しています。

そのためフルサービスでは当たり前と思われている物も追加料金を払ってサービスをしてもらいます。

 

ハッキリ言ってなにもついていないと思っていただいた方が良いです。

飛行機は単なる移動手段と思っている人が良く使うので何か期待していくとかなりへこみます。

 

車に隣町に行くくらいの状態です。

荷物を預けることから座席指定まで細かく追加料金が決まっているので自分の欲しいサービスをはっきりさせておかないとどんどん費用がかさんでしまいます。

 

特に預かり手荷物の予想はしっかりしておきましょう。

思わぬ出費になってしまいます。

 

機内食は事前予約がおすすめ

下記の追加料金表には載っていないのですが、機内食も注文式です。

価格はさほど高くはありませんが、機内での注文の場合は現金のみの受付となります。

 

ネット注文の方が良い理由は種類が多いという点と価格がお得になる点です。

場合によっては水などもつくときがあります。

 

また、機内で配られるときも一般注文よりも先に持ってきてもらえます。

 

エアアジアでは飲食物の持ち込みは禁止されているので(離乳食は除く)機内で何か食べたかったり飲みたい時には購入しか手段がないのですね。

 

それでも種類は意外と多いので不満は少ないかと思います。

 

☆エアアジアの追加サービスと料金一覧

Sponsored Link

 

さて、気になる追加料金表です。

エアアジアの予約サイトのものなので性格だと思います。(2017年9月現在)

 

その数はやはりかなり多くなります。

迷いどころはシートスタイルをどうするかで迷われる方もいるかと思います。

 

私の意見としては、ホットシートはありかなとは思います。

シートについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

バリ島直行便LCCエアアジアは狭い!快適に過ごせる座席はホットシート?

 

以下、エアアジア予約サイトで表示されている料金です。

エアアジア手数料金一覧

東京・成田からバリ

●取扱手数料

払い戻し(1区間お客様1人当たり)   500円

手数料(クレジットカード・デビット・チャージ)  800円

予約サービス料(予約事)   1000円

●フライト変更

国際線   8250円

●取り消し

国際線  6000円

●サービス料

幼児   4000円

●車いす

車いす   4000円

●受託手荷物(新規予約と同時)

最高20kg   3900円

最高25kg   4900円

最高30kg   5900円

最高40kg   7900円

●受託手荷物(予約後に追加)

最高20kg   4490円

最高25kg   5640円

最高30kg   6790円

最高40kg   9090円

● 受託手荷物(空港カウンター)

最高15kg   6500円

●前方ゾーン(新規予約と同時)

スタンダードシート(B)   1800円

スタンダードシート(A)   1850円

ホットシート   6400円

●前方ゾーン(予約後に追加)

スタンダードシート(B)   1980円

スタンダードシート(A)   2000円

ホットシート   7040円

●後方(新規予約と同時)

スタンダードシート   1750円

ツインシート   1900円

ホットシート   5900円

●後方(予約後に追加)

スタンダードシート   1950円

ツインシート   2100円

ホットシート   6490円

●クワイエットゾーン(新規予約と同時)

スタンダードシート   3000円

ホットシート   6900円

●クワイエットゾーン(予約後に追加)

スタンダードシート   3300円

ホットシート   7590円

●スポーツ機器(事前予約)

最高20kg   3000円

最高25kg   4000円

最高30kg   5500円

最高40kg   6500円

●スポーツ機器(空港カウンター)

最高15kg   4200円

●ゲート手荷物

受託手荷物(1点当たり)   7500円

●超過手荷物

超過手荷物料金(受託手荷物)1kgあたり   2200円

●紛失手荷物

紛失手荷物の賠償保険(1kgあたり)   20USドル

 

以下注意事項もありますのでここは間違いの内容引用をさせていただきます。

 

ご注意 : 
– 空港税の払い戻しは手数料に応じて異なります(クレジット、でみっち、チャージカード)(適宜)のでご注意ください。韓国で行われる予約に対して、韓国ウォンで行われる払い戻し手数料は免除されます。
– 手数料(クレジット、デビット、チャージカード)は払い戻し不能で、購入時点で、片道お客様一人ごとに、支払がクレジット、デビット、チャージカードで行われたときに、請求されます。
– 予約サービス料はコールセンター、販売店、空港販売カウンター、インドネシアエアアジアCarrefourブースおよびATSC経由で行われたすべての予約に適用されます。
– スポーツ用品料は、サーフボード、スノーボード、自転車、スキューバダイビング、ゴルフ、クリケット、雪上スキーの各用具に適用されます。上記以外のスポーツ用品は通常の受託手荷物としてお預けいただけます。
– 国内線と国際線の両方に対して、15キログラム以上から超過荷物料金がかかります。

出典:エアアジア予約サイト 料金及び手数料

 

機内食について知りたい方はこちらをご覧ください。

バリ島への機内食はいつ頼む?LCCエアアジアは事前予約でかなり選べる

 

このようにかなり細かく料金があるので一度シュミレートしてみることをおすすめします。

そんなときにやはり対面窓口があると助かりますよね。

 

新宿にありますのでもし行ける方は一度相談されても良いかもしれませんね。

バリ島格安航空券購入が簡単になる?日本の新宿に販売店がオープン

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、格安航空券で人気のLCCについてでした。

航空運賃の安さだけにとらわれてしまうとその他の追加サービスの料金で不満になってしまいます。

 

事前にどのようなものがあってどれくらい上乗せされるかを知ることで自分がほしいサービスが解ります。

 

また、最終的な運賃でフルサービスの方が良いということも起こりえます。

旅行は様々な条件で天秤にかけて決めていきます。

 

料金だけでなくフライトスケジュールで決めることもあります。

エアアジアとガルーダ・インドネシア航空では約半日近い差が出ます。

 

その分エアアジアは出発が早いので朝が間に合わないとか前泊しなければならないならガルーダ・インドネシア航空と変わらないとかいろいろ出てきます。

 

ガルーダ・インドネシア航空とエアアジアのフライトスケジュールの違いはこちら。

バリ島旅行の行き方が変わる?有休を使わず5万円以下で行ける裏技とコツ

 

LCCは細かく設定できる分だけ自分の好みのサービスだけに料金を払う感じですね。

旅行をおまかせ感覚で行きたいようならフルサービスの方が良いでしょう。

 

自分らしいバリ島旅行派にはエアアジアの魅力は大きいかと思います。

 

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.