バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

LCCで成田からバリ島へ行くには?早朝便に間に合わせる方法

 
早朝空港
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島へ旅行へ行くにも2017年には大きな変化がありました。

 

LCCのエアアジア直行便が毎日運航されるようになったのです。

 

そのため格安航空券で行けるようになり費用負担が減った方もいるのでは?

 

しかし、LCCが利用しずらいといった声も聴きます。

 

理由は出発時間が早朝のためです。

朝早くに成田空港にたどり着ける方法を探ります。

Sponsored Link

☆LCCエアアジアの魅力

 

LCCとはlow cost carrierの略で格安航空券で人気の航空会社の総称です。

 

国内外へいろいろなところへ運航されているLCCですが2017年に対にバリ島へも運行が開始されたのです。

直行便はそれまでガルーダ・インドネシア航空しかなかったので費用負担の少ないいエアアジアの参入はバリ島旅行者にとってはとても魅力的なニュースでした。

 

実はLCCは座席が狭いなどの不評もあるのですが、バリ島への飛行機はエアバスA330という機材です。

この飛行機は大型になるので座席もLCCとしてはかなり広めになります。

座る幅はほとんどガルーダ・インドネシア航空と大差ないのです。

 

座席についてはこちらに詳しくまとめてありますので参考にしてください。

バリ島直行便LCCエアアジアは狭い!快適に過ごせる座席はホットシート?

 

さらにエアアジア直行便の魅力はそのフライトスケジュールです。

ちょっと弾丸旅行になりますがうまくすれば週末旅行で楽しむこともかのうなんですね。

バリ島へのエアアジアのフライトスケジュールは次のようになっています。

行き

日本(成田)   バリ島(デンパサール)
8:25発 14:25着

帰り

バリ島(デンパサール)   日本(成田)
23:00発 7:10着

 

ガルーダ・インドネシア航空は午前11時くらいの出発でバリ島へは18時頃の到着です。

ホテルまでの移動などあるとチェックインして終わりって感じですね。

 

しかし、エアアジアのバリ島への到着時間は14:25着です。

空港の混雑状況にもよりますがチェックイン後に半日は遊ぶことができます。

帰りも23時と空港内のショップが閉店して少ししたら出発できるので体力的負担も少なくて良いです。

 

ガルーダ・インドネシア航空の場合は26時出発とかなので待ち時間で意外と疲れた記憶がありました。

 

スケジュール的なメリットはこちらの記事が参考になるかと思います。

バリ島旅行が直行便で変わる?有休を使わず5万円以下で行ける裏技

 

☆LCCエアアジア利用の難しさ

エアアジアのメリットが解っていただけたかと思います。

●メリット

  • 航空運賃が安い
  • バリ島で遊ぶ時間が増える

 

といったことがあります。

目的は移動なので体力がある方にはLCCはとっても強い観方なんじゃないでしょうか?

しかし、何事にも安いものには不都合な点がつきものですよね。

 

エアアジアのデメリット

御多分に漏れずエアアジアにもいくつか使いにくい点がありますので確認しておきましょう。

●デメリット

  • 追加料金項目が多い
  • シートリクライニングがほとんどできない
  • 遅延や欠航がある
  • 早朝に空港に到着しなければならない

 

などがあげられます。

追加料金についてはその項目数も多いのでこちらで確認していただけらばと思います。

バリ島格安航空券のLCCは追加料金がある?何がいくら位なのか

 

欠航や遅延があることもLCCの特徴です。

空港の使用優先度が低いためでしょうか?

何かと時間通りに進まないこともおおいんだとか。

 

シートに関しては先ほどの記事で詳しく説明させていただいていますが座席自体は同じくらいなのですが、リクライニング角度が全く違うんですね。

 

バリ島までは7時間かかります。

その間35度くらいの角度しかリクライニングしないシートでの疲労具合は個人差もありますが多少なりとも疲れることは間違いないでしょう。

 

そして、一番の壁が空港でのチェックインの時間が早いという点です。

出発が8:25ということは2時間前の6:30には空港に到着していなければなりません。

 

この理由でエアアジア利用を諦めている方も多いんだとか。

 

さらにLCCは出発1時間前にはカウンターがしまってしまいます。

この時間の壁をどうやって乗り越えるかがポイントになってくるでしょう。

 

☆早朝に成田に到着する方法

Sponsored Link

 

エアアジアの出発時間に間に合うようにするためにはいろいろな交通機関を把握しておくことが大切です。

電車やバスを組み合わせて間に合うスケジュールを決めておきます。

 

今回は当日の朝の場合をまとめておきます。

 

うまくすれば横浜や吉祥寺付近からでも何とか間に合う方法があるようです。

成田空港に6:30に到着できる方法をあつめてみました。

 

JR東京駅 900円

バスで行く方法です。

東京駅の八重洲口バス停に5:20までに行ける方は利用できます。

 

京成バスで成田空港第2ターミナルに6:30に到着します。

料金は事前予約で900円で当日だと1000円になります。

 

東京シティ・エアターミナル 2,800円

こちらもバスですがリムジンバスでの移動になります。

東京シティ・エアターミナルに5:45分までに到着できる方が利用可能です。

 

成田空港第2ターミナル南に6:45分に到着します。

6:30を少し回ってしまう点は不安要素ではありますが許容範囲の時間でしょう。

 

JR新宿駅出発 1,100円

先ほどの東京駅八重洲口からのバスへと繋がります。

 

新宿駅に4:50に到着できれば東京駅―成田間のバスに間に合います。

新宿駅4:53-東京駅5:11(JR中央線各停)

 

東京駅に到着後に八重洲口バスターミナルの成田行きのバスに乗ります。

 

JR大崎西口 1,000円

JR大崎駅に5:30までに到着できる方が利用できます。

西口バスターミナルからウィラーバスで成田空港へ向かいます。

 

成田空港第2ターミナルへ6:45に到着します。

事前予約1000円で当日は1200円になります。

 

JR横浜駅出発 1,390円

横浜駅からも間に合うことができるんですね。

JR横浜駅に4:22までに到着します。

 

京浜東北線で品川駅を目指します。

山手線(渋谷方面行き)に乗り換えて大崎駅で西口からバスに乗る方法です。

電車代390円とバス代1000円(事前予約)になります。

 

横浜シティ・エアターミナル(横浜) 3,600円

横浜シティ・エアターミナルに5:15に到着できる方が利用できます。

 

成田空港第2ターミナルに6:40に到着できます。

 

吉祥寺駅中央口 3,100円

吉祥寺駅中央口バス停に5:30に到着できる方は利用できます。

小田急バスにて成田空港第2ターミナルに6:55に到着できます。

 

かなり時間的に押すのでチェックインがスムーズにいかないと不安があります。

 

深夜バス利用

上記にあげた移動手段は結構時間ギリギリです。

交通事情などで遅れが出るとかなり危険が伴う可能性は否定できません。

 

早朝ですのでそれほど受胎ということはないかもしれませんがそれでも安心できる時間で到着したい方は深夜バスという方法もあります。

 

エアアジア利用が初めてであるとか海外旅行自体も慣れていないという方は時間的余裕は持っておいた方が良いでしょう。

 

☆深夜バスで空港で無料で過ごす

早朝に各駅に到着できない方もいるかもしれません。

かといって前泊するのはちょっと費用的負担が大きいなという方には深夜バスという方法もあります。

 

東京駅からの深夜バス 900円

成田空港行きの深夜バスは東京駅から出ています。

深夜1:30までに東京駅に到着できる方はこちらも利用可能です。

前日に東京まで移動して深夜バスで成田空港に行くのです。

 

東京駅から成田空港への時刻表は次のようになっています。

  • 東京 1:30-成田 2:40
  • 東京 1:50-成田 3:00
  • 東京 2:10-成田 3:20
  • 東京 4:15-成田 5:25

 

時間的にもかなり余裕のあるスケジュールですね。

費用は事前予約が900円で当日は2000円になります。

かなり費用が違いますので事前に予約しておきましょう。

 

空港での無料で24時間過ごせる場所

深夜に空港に到着したはいいけどチェックインまでかなり時間が出てしまう方もいます。

空港自体はまだ空いていないので店などもなく時間をどうやってつぶそうか悩むかと思います。

 

待合エリアの椅子で過ごすにも限界があるでしょう。

しかし、成田空港にも深夜に営業しているところもありますからチェックしておくと退屈せずに過ごせるかもしれません。

 

無料で過ごせる場所やコンビニなどもあるので重宝するかと思います。

第三ターミナル北ウィングエリアか第3ターミナル本館2階の出発ロビーにあります。

 

 

フードコートエリアには横になれるソファなどもあるので時間まで仮眠をとることもできます。

無料Wi-Fiも飛んでいるので情報整理や時間つぶしもしやすいです。

 

場所が第3ターミナルになるので利用するつもりなり下車するバス停を第3ターミナルまたは第2ターミナル北で降りると近いですよ。

 

☆今回のバグ~ス!ポイント

今回はLCCエアアジアを利用目的いされてる方でチェックインの時間が難しいという方に間に合う方法について調べてみました。

 

時間的には早いですが横浜や吉祥寺からも間に合う方法があるようです。

 

バリ島旅行はじめ海外両行に不慣れであったりエアアジアも初めてという方はギリギリの時間だと不安だという方もいるかもしれません。

そこで深夜に空港に到着する方法もあります。

 

空港にも24時間過ごせる無料エリアもあるので参考にしていただければと思います。

 

これで安いLCC利用のハードルも少しは下がったかもしれません。

時間的理由で諦めていた方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2018 All Rights Reserved.