バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島ロングステイでソシアルビザの取得方法は?スキル習得なら必須

2017/08/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島ロングステイや移住を考えられてる方も多いと聞きます。

 

しかし、バリ島では目的によって取得するビザの種類が違います。

 

どんな目的でバリ島での滞在を希望するかをはっきりさせてからビザの取得をするようにしてください。

 

ソシアル・ブダヤビザはどんな人がとるビザかを知っておきましょう。

Sponsored Link

 

バリ島へロングステイをするときに観光目的であれば30日まではビザの取得が免除されています。

 

また、それ以上の観光目的の滞在のときにはVOAというビザを取得します。

 

しかし、長期滞在となれば現地との交流をしたり何かを習いたくなるものです。

 

そんな時に取得しておかなくてはいけないビザが「ソシアル・ブダヤビザ」というビザです。

ソシアルビザと呼ばれることもあります。

 

今回は、ソシアルビザはどんな人に必要でその取得方法と注意点についてまとめておきます。

 

☆ソシアル・ブダヤビザとは

 

どんな人が取得する

ソシアルビザは、バリ島へ親族訪問や社会文化訪問・商用訪問の目的で短期で滞在するときに必要なビザです。

 

といってもちょっと意味が広すぎてイメージ沸きませんよね。

 

次のような人たちだと思っていただけるとよいと思います。

 

  • 知人を訪ねる
  • 文化団体などを訪れたい
  • 教育機関の視察や訪問
  • 学会へ出席
  • 商談
  • 会議
  • 会社訪問

 

などがソシアルビザが必要な人です。

 

ビジネスや先生のときは必要なんですね。

 

普通の人はどんな感じで使えばいいんでしょうか?

 

ソシアルビザは、最長で半年くらい滞在可能になるんです。

 

ですので、将来的に移住というようなことを考えられている方は下見調査や慣れるために使われることが多いです。

 

また、語学習得や民族舞踊・文化の習得などもソシアルビザが必要です。

 

もし、自分でバリ島のスパやコスメ製作の技術を習得したいと思われるようなら取得を目指しましょう。

 

有効期限は

ソシアルビザの有効期限は、取得時は60日です。

 

しかし、現地で30日ごとに4回まで延長できるので最長で180日(およそ6ヶ月)まで滞在が可能になります。

 

☆ソシアル・ブダヤビザの取得方法と注意点

Sponsored Link

 

取得方法

ソシアルビザの取得方法です。

 

まず、前提としてインドネシア人のスポンサーが必要になります。

 

インドネシア人のスポンサーが確保出来たら書類を用意します。

 

必要書類

  • スポンサーのKTP(身分証明書)のコピー
  • スポンサーレター(推薦状)
  • 背景が赤の本人証明写真(4㎝×6㎝を2枚)
  • 残存有効期限が12ヶ月以上あるパスポートのコピー(顔写真のあるページ)
  • 取得手数料(日本の場合だと5120円)
  • 申請書(大使館にあります)
  • インドネシア行きの航空券(あるとより良い)

 

上記の書類をそろえて日本で手続きをするばあいは、日本のインドネシア大使館へ提出します。

 

通常なら3日ほどでビザが発行されて受け取ることができます。

 

注意点・費用

注意点

ソシアルビザは、有効期限の間でも一度インドネシア国外に出るとビザは失効されます。

 

また、ビジネスであっても収入を得るようなことはできません。

 

現地での買い付けや、商談レベルであるならまだ収益ではないので大丈夫と言えます。

 

現地で、何かを教えたり売ったりができないということですね。

 

取得費用は?

日本で大使館で支払う始めの費用が5120円です。

 

これで2か月間は滞在ができます。

 

そして、30日ごとに延長をするときの申請に25万ルピア(2500円ほど)がかかります。

 

最高で4回の延長申請ができますのでおよそ1万円くらいになるでしょう。

 

180日間の申請を全部自分でした場合は、その時のレートにもよりますが14,000円から16,000円くらいかかることになります。

 

また、自分ではわからないとか自信がない方にはエージェントを使うという方法もあります。

 

エージェントに延長申請のお願いすると、代行手数料込みで80万ルピアくらいかかります。

 

およそ7,000円くらいです。

 

4回お願いすると28,000円+5,120円ですね。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、ちょっと目的もしっかりしてきた方が長期的に何かをバリ島で過ごすときに取得しておきたいソシアルビザについてまとめました。

 

ネックになるのがインドネシア人のスポンサーを見つけることだと思います。

 

すでにバリ島に何度か行って人脈を作っておくことが必要になってくるかと思います。

 

しかし、このスポンサーをしっかりと見極めておかなくてはいけません。

 

ただのビザ取得に協力してくれる人ではなく、これからバリ島滞在でいろいろと教えてもらったりサポートをしてもらわなくてはいけないからです。

 

バリ島の人は、よくいえば人柄がよく優しいです。

 

しかし、あいまいなところや責任感が薄いことも感じる人がいます。

 

自分の常識だけで考えていくととんだトラブルになることもあるのでしっかりと見つけておきましょう。

 

出来れば現地に複数の連絡の取れる人と友達になっておくとより安心ですね。

 

ビザ取得が目的ではなく、バリ島でしっかりとした時間を過ごせるように準備をしていきましょう。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.