バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

新婚旅行はバリ島がおすすめ?ハワイやグァムよりも予算が安い理由

2018/05/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

Sponsored Link

 

これから乾季に入って人気のシーズンに入ってくるバリ島です。

 

バカンスや観光に人気の衰えるところを知らないバリ島は、人気の観光地ランキングでも1を取るなど絶好調です。

 

そんな、バリ島は新婚旅行の候補地としてもハワイやグァムと並んでよく挙がります。

 

どこも過ごしやすく温かいという共通点を持ちつつもそれぞれの特徴がありますよね。

 

しかし、新婚旅行についてはバリ島がかなりおすすめなんです。

 

今回は、バリ島が新婚旅行にどれくらいの予算が相場かをまとめていきます。

 

また、バリ島がハワイやグァムと比べてもお勧めできる理由も合わせてチェックしてくださいね。

 

☆バリ島新婚旅行の予算はどれくらい?

 

 

バリ島新婚旅行の相場はいくらくらい?日にちは?

早速、本題から行きましょう。

 

バリ島の新婚旅行の予算はいくらくらいなのでしょう。

 

ズバリ!二人で20万円から40万円弱くらいが多いようです。

 

日にちは、最低でも6日間以上は合った方がよいと思います。

 

この金額は、最高級のホテルやヴィラを選んだ場合です。

 

ですので、まだ安くすることも可能ですがせっかくの二人の門出ですので普段では選ぶことの少ないホテルがおすすめです。

 

また、期間中に移動して過ごすとなるとお値段も上がります。

 

ヌサドゥアなどのビーチで過ごして、途中ウブドへ移動などもプランでは35万円から45万円くらいになります。

 

時季もGWや、7月8月のハイシーズンでは10万でんほどアップする感じでした。

 

逆に時期を考えればさらにお得なプランも出てきそうです。

 

ハワイやグァムはいくらくらい?

では、バリ島と同じかく人気の高いハワイやグァムと比べるとどれくらい違いがあるのでしょうか?

 

ハワイなどは、アメリカの中でも物価難いといわれています。

 

フライト時間は、バリ島もハワイも同じくらいの7時間ほどですね。

 

グァムは、それよりも短い時間で到着できます。

 

価格面での違いを見てみましょう。

 

ハワイ

ハワイはアメリカの中でも比較的物価の高いエリアだといわれています。

 

意外と滞在中の食事や買い物に出費がかさむ可能性もあります。

 

気になる旅行費用は、二人で30万円から60万円くらいになるようです。

 

基本的にレアレアトロリー乗り放題という移動手段がついてくるパターンが多いみたいですね。

 

グァム

グァムは、ハワイに比べると安いイメージでしたが調べてみてびっくりです。

 

意外とハワイと変わらない金額かそれ以上の価格になっていました。

 

それくらい日本人には馴染んでいる場所なんでしょうか。

 

予算は、二人で35万円から85万円越えの強きプライスのものが並んでいます。

 

予算比較

どれも、H.I.Sなどでリサーチしたので価格も安い方になるのではないでしょうか。

 

予算的にまとめてみると

  • バリ島  二人で20万円から45万円
  • ハワイ  二人で35万円から60万円
  • グァム  二人で35万円から85万円

 

このような結果になりました。

 

そして、この予算に滞在中の食事代や観光費用なんかも乗ってきます。

 

お土産や買い物での出費も出てくることでしょう。

 

結果的に、旅行費用プラス15万円くらいは使うのではないでしょうか?

 

もちろん探せば、プランはいくらでも出てくると思いますが目安としての価格としてみてください。

 

本当に新婚旅行プランは、超~~~いっぱいありますからね。

 

さらにヨーロッパのイタリア・スペイン・フランス・ドイツなんて強敵も加えるととんでもない比較になってしまうんです。

 

ちなみにヨーロッパなんかだとさらにお高くなる感じでした。

 

☆バリ島新婚旅行がおすすめな理由は?

Sponsored Link

 

費用面での比較が終わりましたので、今度はバリ島が費用以外でおすすめな理由をお伝えしたいと思います。

 

ホテル

バリ島は、ホテルなどの宿泊施設が充実しています。

 

世界の名だたるブランドはほとんどあります。

 

最近では、日本でもブランドとして確立された「星野リゾート」がオープンしたバリの世界のホテル業界も集まるエリアです。

 

そして、バリ島でも増えつつあるヴィラスタイルという独特のものがあります。

 

人気のヴィラについて詳しく知りたい方はこちら

 

一棟貸し切りタイプでかなり人気です。

 

プライベート感がたかいので二人の時間を過ごしたい新婚旅行にこそふさわしいスタイルですね。

 

それに、たいてい夕日などが超綺麗に見えるレストランなどの施設を併設しているので二人でもう一度愛を確かめ合うには絶好のロケーションが整います。

 

そして、ホテルにも新婚旅行ということでいろいろな特典サービスもそろっているところが多いと聞きます。

 

そんな基準でホテル選びをしてみるのもいいと思います。

 

新婚旅行アンケートでも、せっかくの新婚旅行なのでいいホテルに泊まればよかったといった意見も多いそうです。

 

また、観光ばかりを詰め込み過ぎてホテルでのんびりと時間を過ごすことが少なかったと後悔している人も多かったようです。

 

のんびりと贅沢を味わえるホテルを探してみましょう。

 

裏技としては、大型ホテルに基本的に滞在して途中などにヴィラに数泊入れるという手もありです。

 

大型ホテルは併設施設が便利なのでホテル内で過ごすときには勝手がいいのです。

 

観光

バリ島は、観光に不自由数ることはありません。

 

寺院やアクティビティも豊富にそろっているので何かしたいと思っても大丈夫です。

 

寺院を巡ったり、ヨガなどの体験教室もあります。

 

夜には、ホテルやウブドの宮殿でバリ舞踊を鑑賞できます。

 

費用もオプショナルツアーなどで5千円から1万円程度で申し込めます。

 

また、つかれた時やのんびりしたいけど思いつかない時などはスパがおすすめです。

 

ホテルなどにある高級系のものから街スパと呼ばれる90分1000円くらいのものまですぐに見つかります。

 

バリ島のスパは男性も受けることが可能ですので二人で一緒に予約してもいい体験ができるでしょう。

 

物価

物価は、かなりお安いといえます。

 

バリ島の魅力のかなり上位に入ってくる理由ではないでしょうか。

 

食事は、観光客用のレストランなどでしていると日本と変わらないくらいですがローカルにいくと400円程度で結構しっかり食べられます。

 

また、先ほどのスパもそうですが90分1000円ってマッサージって日本はあり得ないと思います。

 

雑貨や小物もパサールという市場などではかなりリーズナブルに買い物ができると思います。

 

これだけでもハワイやグァムの滞在費の半分くらいで行けるかもしれません。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

いかがでしたでしょうか?

 

バリ島へ新婚旅行に行きたくなってきましたか?

 

バリ島は、とてもゆったりとしいてゆっくりできるところです。

 

そして、現地の人たちの人柄もとても温和で人懐っこい人が多いように思っています。

 

バリ島のよさはこのブログで思いっきり書いていますのでバリ島びいきになっている点は否めません(笑)

 

それでも、バリ島は世界でも注目度の高い人気リゾートです。

 

二人の時間という視点で見たら遊びとプライベート感のバランスがとてもいいと思います。

 

二人の大切な旅立ちのときにバリ島が選ばれることを願っています。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.