バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島観光でカップルにおすすめは?二人で行きたいパワースポット!

2017/05/11
 
バリ舞踊
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

 

バリ島には神々が住むといわれています。

 

カップルや家族旅行だけでなく、

パワースポットやスピリチュアル的な目的で訪れる人も多いバリ島です。

 

バリ島自体位がパワースポットになっているのでどこにいてもパワーが上がってきます

 

毎日3回のお祈りを欠かさないバリ島にはあちこちにお供えの花が置いてあります。

 

これをチャナンといいます。

バリ島には、たくさんの自然があります。

その自然と調和するために毎日、神様にお祈りしているのです。

 

Sponsored Link

 

バリ島の人たち身は、みんな生かされているといいます。

そんな気持ちで毎日神様にお祈りをしている島には、とてもたくさんのパワーが宿っているはずです。

 

パワースポットとは、自然界のパワーが集まるところをさします。

聖地とか気場などとも呼ばれそこにいると人間の潜在能力が引き出されるといわれています。

 

また、弱っているときなどには治癒やヒーリング効果もあるといわれています。

 

バリ島には、名だたるパワースポットがあります。

 

そのかなでも人気があるおすすめスポットをご紹介していきます。

 

もし、ただの観光では物足りない人にはぜひ参考にしていただきたいです。

 

また、バリ島でのパワーの充電がよりしやすくなる方法もおつたえしています。

 

☆バリ島の人気のパワースポット3選

タマン・アユン寺院

恋愛スポットとしても人気の寺院です。

現地の人たちも足しげく通う寺院には、いつもたくさんの人たちが集まっています。

 

 

バリ島の中でも由緒ある寺院なので服装も注意が必要です。

 

注意点は次の通りです。

  • サロンを着用する
  • 肌の露出を控える(タンクトップやノースリーブはNGだと思ってください)
  • 生理中の女性は入れません
  • けがをして血が出ている人は入れません
  • 近親者が間近になくなった人も入れません
  • 出産後間もない人は入れません

以上のことに気を付けておきましょう。

 

タマン・アユンとは「美しい庭」という意味です。

17世紀にメングィン王国の寺院として建てられました。

 

しかし、19世紀に隣国との戦いに敗れて2つに分けられ吸収されてしまいました。

 

タマン・アユン寺院は、バリ島でブサキ寺院に次いで2番目に大きな寺院です。

大きな公園の中にある形ですので、公園を散策しながら寺院を見学できます。

 

境内の中には、ヒンドゥー教徒しか入れないので周りの散歩道を周りながら見学していきます。

 

とても恋愛に効果があるとのことで現地のカップルを良く見かけるかもしれません。

 

他にも純粋に参拝に来ているヒンドゥー教徒も多いです。

観光客もたくさんいるので何のパワーかわからなくなるかもしれませんね。

 

バリ植物園エカ・カリヤのガジュマル

ウブドから約1時間くらいのバリ植物園もパワースポットとして有名です。

 

この植物園には、大きなガジュマルのトンネルがあります。

 

大きなトンネルですが、実は3本のガジュマルの気が絡み合ってできているんです。

 

このトンネルをくぐると願い事がかなうといわれているんです。

 

地元の人も願いごとをしにやってくるそうです。

 

とても涼しくて、まるで日本の神社にいるような感じと似ていると思います。

 

近くには、ギリプットリー寺院があります。

この寺院は、水の神様を祭っている寺院です。

 

なんでも、木もプラスパワーの木とマイナスパワーの木があるそうです。

 

この木を見極められるのは、ヒンドゥー教の限られたお坊さんだけだそうです。

マイナスの木は、お墓を護る木です。

プラスの木は大体寺院の御神木とかになるそうです。

 

それぞれ大切な存在なんだそうです。

 

善も悪も両方いて世界が成り立っているというヒンドゥー教の教えが感じられますね。

 

ティルタ・エンプル寺院

聖なる泉が沸く寺として知られている寺院です。

 

毎日、多くのヒンドゥー教徒が沐浴(マンディ)をしにやってきます。

この水に清められると無病息災の力があるといわれています。

 

なんと、この沐浴はヒンドゥー教徒でない異教徒でも浴びることができます。

もし、チャレンジしてみたい方はやってみましょう。

 

水に打たれるなんて勇気がいるかもしれませんが、やってみると気持ちがいいです。

見も引き締まる感じで何かが変わって気になります。

 

現地の人たちは、ペットボトルなどにその水を入れて持って帰る人もいるそうです。

 

しかし私たち日本人は、バリ島の免疫力がないので出来れば沐浴どまりで我慢しましょう。

 

そして、沐浴体験をしたい方は作法や手順がありますので日本語ガイドさんを付けて行うようにしてくださいね。

 

☆バリ島からパワーをよりたくさんいただく方法

Sponsored Link

では、バリ島のパワーをしっかりといただくためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

パワースポットなのでその場にいるだけでかなり力をもらっているはずです。

 

しかし、現地の人たちと同じようにバリ島につながるようにすることでさらにたくさんのパワーをいただくことができることでしょう。

 

そこで、バリ島のお供えやお祈りの作法を少し勉強しておくと現地でも交流がさらに深まりやすくなります。

チャナンとお祈り

バリ島では、ヒンドゥー教の神々に1日に3回お祈りをささげています。

 

それは、寺院だけでなく町のいたるところで当たり前のように繰り返されています。

 

空港だろうがホテルだろうがどこでもです。

 

お祈りのときには、チャナンという花飾りのようなお供えとお香を焚きます。

 

マンディ(沐浴)を済ませた女性が耳にチュンパカという白い花をさしてお祈りをしていたことを今でもよく覚えています。

 

とても、静かで美しいその光景はすでにバリ島のパワーと繋がっていることを感じさせてくれます。

 

あなたも現地の人にちょっと聞いて同じようにさせてもらえるととても内側が変わることを感じることでしょう。

バリの正装・サロンとスレンダン

そして、バリ島の正装も知っておくことをおすすめします。

 

バリ島には、祭事のときにきる服装があります。

男性は、サファリという上着にウダンという帽子のようなものをかぶります。

 

女性はクバヤという刺繍などを施した綺麗な上着を着ます。

ボディーラインが出るように体にフィットさせた仕立でとても女性的です。

 

そして、男女ともにサロンとスレダンという腰巻をまいています。

 

 

バリ島に行くとどこでも見かけるバリらしい格好です。

雑貨やなどに行けば手に入るものも多いです。

 

また、日にちに余裕があるなら仕立て屋で自分用に仕立ててもいいかもしれません。

日本人が着るととても人気者になれますよ。

 

色が白い人が多いので、バリ人にモテモテになること間違いないです。

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

バリ島には、大きな力と魅力があります。

 

たくさんの旅行者が再びバリ島を訪れるのもきっと知らないうちに、バリ島のパワーと繋がって入りからかもしれません。

 

そして、バリ島に行ったらあなたの中にもきっとバリ島の素晴らしいパワーが宿って帰ってくることになります。

 

パワーが上がると人は、感動的なるといわれいます。

 

バリでお祈りをささげている人を見て素敵だなと思えるようになってきたら、あなたの中にもパワーがしっかり溜まってきた目安になります。

 

その他にも、自然といろいろなことに感謝できるようになったりします。

 

バリ島が、あなたの素敵な一面を出してくれることを期待しています。

 

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!

 


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.