バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島リゾートでカップルもファミリーも満足おすすめヌサドゥア

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島は世界にどんなことで知られているのでしょう?

 

ゆったりした自然や世界遺産なんかもありますね。

 

また、現地の人たちの昔からの工芸品や美術品なんかもあります。

 

可愛い雑貨なんかを格安で購入できることもできます。

 

しかし、一番世界にイメージされているのはリゾートアイランドとしてではないでしょうか?

Sponsored Link

 

憧れのバリ島でもリゾートを目指すならとっておきのエリアがあります。

 

まさしくリゾートのためのエリアと言えるかもしれません。

 

ヌサドゥア&ブノア

 

ココが、バリ島でリゾートを満喫するには一番しっくりくると思います。

 

今回は、バリ島屈指のリゾートエリアであるヌサドゥア&ブノアをまとめてみました。

 

☆ヌサドゥア&ブノアってどんなとこ?

 

どうしてリゾートエリアになってるの

どうしてヌサドゥア&ブノアがバリ島のリゾートエリアになってるのでしょうか?

 

それは、政府がヌサドゥアをリゾートエリアにしようと計画して作ったからです。

 

1971年にバリ島政府がバリ島観光事業を強化する目的である計画を立てました。

 

バリの人々に悪影響を及ぼさないで、東洋一のリゾートを作る

 

でした。

 

空港からのアクセスと白い素晴らしいビーチも選択材用になっていました。

 

また、綺麗なサンゴ礁からできるラグーンなど世界に誇れる素材がそろっていた場所。

 

それが、ヌサドゥアだったのです。

 

ただの小さな漁村だったヌサドゥアが次々と世界的なホテルチェーンを誘致してリゾートエリア化が進んでいきました。

 

こうして、大型ホテルが立ち並ぶ世界でも屈指のリゾートエリアが誕生したのでした。

 

作られたバリ島と呼ぶ人もいるようですが、バリ島を楽しむためにの設備やアクティビティーは申し分なしです。

 

わざわざ遠くまで出かけなくてもホテルに隣接しているスパやショップ・レストランでも十分にバリ島を満喫できます。

 

また、夜になると舞踊ショーが行われたりもしてバリ島文化にも触れることができます。

 

そして、ヌサドゥアの北に延びたブノアはそんなリゾート観光客がマリンアクティビティーを楽しむことで栄えてきたエリアです。

 

ヌサドゥア&ブノアの場所やアクセスはどうなの

 

ヌサドゥアは、バリ島の南部に位置しています。

 

空港からは、東に位置していますが非常に近いです。

 

当初の政府が空港からのアクセスを重視したことからも非常に行きやすい立地です。

 

空港からヌサドゥアまではタクシーで20~40分で行けます。

 

料金も90000ルピア~140000ルピア(およそ900円~1400円)くらいで済みます。

 

☆どんな人に向いてて何で楽しめる?

Sponsored Link

 

こんな人に向いています

リゾートエリアでもあるヌサドゥアはどんな人が楽しめるところなのでしょうか?

ファミリー

あまり移動しなくてのんびりと過ごすことができるヌサドゥアのホテルエリアは、ファミリーにおすすめです。

 

子供がいると移動はかなり時間と労力をつかいます。

 

しかし、リゾートホテルであれば目の前はプライベートビーチだしホテル内にもプールがあります。

 

また、家族全員で行動しなくてもホテル内にいろいろな施設もあるので家族間個人行動も可能です。

 

団体と個人行動の使い分けがマメにできる点ではファミリーにはうってつけかもしれませんね。

 

カップル

のんびりと過ごしたいカップルにもおすすめです。

 

ガンガン買い物や観光スポット巡りでびっしりのプランではなく、ぼんやりと海を眺めて二人の時間を楽しみたい方もいると思います。

 

そんな、ヌサドゥアの夜は様々なイベントもいろいろなところで行われています。

 

昼間は、のんびりとビーチやスパですごして夜からロマンチックな夕日を眺めて夕食をしてショーを鑑賞するなんてのもいいですね。

 

どんなことがおすすめ

出歩かない

え?

 

なんて思った方もいるかもしれませんね。

 

ヌサドゥアには、充実した施設がホテル内にたくさんあります。

 

出歩かなくてもいいようにしっかりと考えられています。

 

歩くと言ったらちょっと隣のホテルまで行くとか、周辺のショップを見に行く程度でしょう。

 

ブノアへ出かけてみる

ヌサドゥアの北に広がるエリアがブノアです。

 

ブノアは、マリンアクティビティーでバリ島内でも有名です。

 

 

ヌサドゥアの高級感だけでは飽きてしまうという方には、ブノアにある格安ショップやレストランもアクセントになって面白いかもしれませんね。

 

また、安宿もあるので滞在中にヌサドゥアの高級ホテル宿泊の合間に数泊安宿をブノアで過ごしてみるのもコントラストがあって楽しいです。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

ヌサドゥア&ブノア滞在の注意点

区切られたエリア

ヌサドゥアは政府によって完全に隔離されたリゾートです。

 

エリア内にはバリ島の現地の人は基本的に入ってきません。

 

中にいるのは、仕事に携わっている人がほとんどだそうです。

 

相手も一線を引いて接しているのでちょっとほかのエリアのバリ人に比べると距離を感じるかもしれません。

 

マリンアクティビティーによるトラブル

マリンアクティビティーが盛んなブノアでは、しつこい勧誘もいます。

 

しっかりとした態度をとることも大切です。

 

また、ツアーの係員に誘われていったショップで脅迫めいたことをされた人もいるので注意が必要です。

 

マリンスポーツをするならホテルでアテンドしてもらったり予約をするか、評判の良いショップで申し込むことをおすすめします。

 

また、楽しく遊べるといってもバリ島と日本では安全の認識と保証が全然違いますのでケガなどには十分に注意して行ってくださいね。

 

ショップの保証の確認や、自分の海外保険が対象になっているかもチェックしておきましょう。

 

海外旅行保険について知っておきたい方はこちら

 

デヴダン

最後におすすめのスポットを一つご紹介します。

 

2011年に、ヌサドゥア・シアターで始まった「テヴダン」という公演です。

 

壮大なダンスのショーですがバリ島版シルクドソレイユといわれるほどレベルの高いショーとなっています。

 

90分のショーは、各地に伝わる伝統ダンスやアクロバットを目撃するという趣向のようです。

 

迫力と演出の高さで評判で大人から子供まで楽しめるおすすめのショーです。

 

イベント情報

Nusa Dua Theatre kawasan Pariwisata Nusa Uua Kompiek BTDC Nusa Dua

TEL 0361-770-197

19:00~21:00 月・水・金・土

大人 84万5000ルピア~156万ルピア

子供 42万2500ルピア~156万ルピア

 

それでは、今日もばぐ~す!

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.