バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島へはLCCの直行便を選ぶ?フルサービスとの違いを徹底比較

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島旅行がLCCのエアアジアの参入によりより行きやすくなりました。

 

今バリ島への直行便はLCCエアアジアとガルーダ・インドネシア航空が毎日運航しています。

 

しかし、いったいどちらを選んだらよいか解らないという方もいるようです。

格安かフルサービスか自分がどちらを選んだらより快適に旅行を楽しめるか比較してみました。

Sponsored Link

 

バリ島への直行便が2017年6月よりLCC(格安)のエアアジアが直行便を毎日運航することによりかなり旅行スタイルも広がりました。

 

今までは、安くいくなら乗り継ぎで時間ロスを覚悟か、時間節約の直行便で費用が掛かるかの2択になっていた感じです。

 

しかし、LCC直行便が運航されることでみんな格安にいくかというとそうばかりではありません。

まだまだフルサービスキャリアに魅力を感じている方も多くいらっしゃいます。

 

特に迷われている方は費用対効果を考えられている方や家族など年代の違う人と行くときにどちらの方が良いかを迷われていることがあるようです。

 

今回は、LCCのエアアジアとガルーダ・インドネシア航空の内容の比較をまとめてみました。

自分の旅行メンバーや好みがどちらにマッチしているかをご検討ください。

 

☆ガルーダ・インドネシア航空直行便の魅力

 

昔からバリ島へ直行便といえばガルーダ・インドネシア航空でした。

私もバリ島へはこちらの航空会社をいつも利用していました。

 

快適さはもちろんのことフルサービスだからいろいろな煩わしいこともないことが魅力でした。

ガルーダ・インドネシア航空のサービス内容を見ていきましょう。

 

ガルーダ・インドネシア航空直行便の内容

 

基本的には航空代金にすべて含まれているスタイルです。

機材・シート・手荷物

飛行に使われている飛行機はボーウイング社のB777-300ER型です。

大型機に分類されている機体でシートの並びは3-3-3の2通路型です。

 

大人数が収容できシート幅は81㎝です。

座席は35度の傾斜がついていてさらに10.3度のリクライニングが可能です。

最大傾斜角は45.3度まで傾くのでかなりリラックスしてくつろぐことが可能です。

 

預かり手荷物は46kgまで無料です。

その他に別枠でスポーツアイテムも1店まで無料です。

サーフィンなどをする方にはうれしいサービスですね。

 

運行スケジュール

日本でのチェックインは9時です。

フライトは11時出発でバリ島へは17時半に到着する運航になります。

 

帰国は夜中の0時45分出発で日本には早朝の8時50分に到着予定が組まれています。

 

フライトスケジュールは、行きはゆとりがあってのんびりできますがバリ島での初日は夜からになるので夕食やスパをやって終わりな感じです。

 

また、帰国時間も空港の店も閉まってしまい2~3時間くらいは待合デッキで過ごすことになるので意外と疲れます。

 

お子さんなどがいらっしゃるとちょっと対策を考えられておいた方が良いかもしれません。

 

機内サービス

機内で出される食事やドリンク類はすべて無料です。

もちろんアルコールも無料でお代わりもできます。

 

その他にシートについているAVODという画面で映画を見たりフライト情報の確認なども無料で出来ます。

 

着席時にすでにブランケットなどのアメニティも備えてあります。

 

こんな人に向いてるフルサービスキャリア

フルサービスに向いてくる方は次のようなことを求められている方がおすすめかと思います。

  • 早朝早い時間が苦手の方
  • マメなサービスを受けたい方
  • 機内食やドリンクが楽しみな方
  • スポーツ用品をもっていかれる方
  • 映画やゲームを機内でも楽しみたい方
  • 荷物が多くなる(なりそう)な方
  • リッチな旅行を味わいたい方
  • フライト情報を知りながら飛行したい方
  • 日本語対応やホスピタリティを感じていきたい方
  • 機内で睡眠をとりながら行きたい方
  • 機内でいちいち注文や支払いをしたくない方

このようなことをお考えのようならガルーダ・インドネシア航空の直行便があっているかと思いますので検討してみる価値があるかと思います。

 

☆エアアジア直行便の魅力

Sponsored Link

 

待望のLCC直行便ということでやはり人気も上々のようです。

始めは週4日の運航予定が6月より毎日運航に変わったことでも利用率が良いことが羽化化が得ます。

LCCの魅力は何と言っても価格でしょうがそれだけではないのがエアアジアの魅力でしょう。

 

 

やり方や理解の仕方ではフルサービスと同じくらいの満足度も実現できます。

じっくりとエアアジアの比較も楽しんでみましょう。

 

エアアジア直行便の内容

機材・シート・手荷物

エアアジアはエアバス社のA330-300型という機材です。

こちらも大型機材に当たりシート配列も3-3-3で2通路型の飛行機です。

 

シート幅は79cmとガルーダ・インドネシア航空と2cmほどしか違いません。

しかし、シート自体は垂直に設置されているので座ったときには窮屈かもしれません。

リクライニング角度も10.3度とガルーダ・インドネシア航空と同じですが最大傾斜角は10.3度までなので7時間半のフライトでは疲れが出てしまう方もいるかもしれません。

 

預かり手荷物については事前にネットから申請しておけば20kgまでは無料で預かってくれます。

スポーツアイテムに関してはすべて有料ということになります。

 

運行スケジュール

運行スケジュールについてエアアジアは全体的にはやめ行動になります。

出発はチェックインが朝の6時45分になり早いです。

 

8時45分に出発してバリ島へは14時25分に到着します。

スムーズに空港から出ることができれば観光もできる時間です。

 

帰りの時間は出発が23時とストレスが無い時間での出発になります。

日本への到着は朝7時10分になり場合によってはそのまま出社も可能な方が出てくるかと思います。

 

機内サービス

機内サービスはすべて有料となっています。

機内食はネットでの申し込み時に合わせて注文も可能です。

ネットからの注文の方が品数が多いようです。

 

アメニティなどの備え付けサービスは一切ないので自分の必要と思うものを事前にチェックして申し込んでおくことをおすすめします。

 

この場合もすべて有料ということは忘れないようにしてくださいね。

 

エアアジア直行便に向いている人

LCCエアアジアのような格安航空会社が向いている方はこんな方がおすすめです。

 

  • 朝が早くても問題ない方
  • 空港まで車で行ける方や前泊が可能な方
  • 荷物が少ない方や預けなくても良い方
  • アルコールなどは飲まない方
  • 機内で必要なものやサービスがあればよい方
  • 機内食は軽食でもOKな方
  • 日本語対応がなくても良い方
  • 機内での映画や情報が必要でない方
  • 飛行機は移動手段としか考えない方
  • 時間の変更や遅延が気にならない方
  • 易ければいろいろなことが許せる方
  • 初日にバリ島に早く到着したい方
  • リクライニングがあまり倒れなくても寝られる方

 

このようなことが可能な方はLCCはかなり有効に活用できるかと思われます。

是非検討対象に入れておかれるとよりバリ島をお得に楽しめることと思います。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、バリ島旅行へLCCのエアアジアも参入してより選択範囲の広がった航空会社の比較をまとめました。

 

それぞれに良いところがあるのであなたの希望やプランにあったものをチョイスするとより旅行が楽しくなることと思います。

 

注意点としてはLCCはやはり若い人向きかなという感じです。

やはり直行便でもバリ島までは、7時間半のフライトになります。

小さなお子様やご両親などのシニア世代の方にはやはり疲れやサービス面でのストレスがあるかもしれません。

 

特に座席の角度は思っているよりも体へのストレスや疲れに関係してきます。

一緒に行かれる方の体力や忍耐力にも考慮して選択されることが良いかと思います。

 

またハネムーンなどの特別な時にもやはりリッチな気分やステイタス的な部分でもフルサービスの方がおすすめかなとも思っています。

 

やすさと快適さをそれぞれ知ることで選択をより効果的に行っていただければと思います。

 

LCCの魅力をもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

バリ島旅行でLCC直行便の魅力は?乗り心地やサービスの違いは?

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.