バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島の危険なクタの遊び方は?夜遊びでも安全なエリアの選び方は

2018/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島旅行で人気のクタ&レギャンエリアには、たくさんの観光スポットが集まっています。

 

バリ島でも1・2を争う人気エリアなだけに楽しみも凝縮しています。

 

しかし、治安の悪いところもあるだけにエリアの選び方が重要になります。

 

今回は、さらにクタエリアに絞ってまとめてみたいと思います。

クタでも便利で安全だと思われるおすすめエリアをご紹介します。

Sponsored Link

 

若者に人気のクタですが、早くから開発が進みバリ島の最先端を感じることができるエリアではないでしょうか?

 

バリ島の、中でもバリ島らしくないといえるほど開発されている感じがあります。

 

そのため、バリ島の若者も集まるエリアになっていてローカルの代表的なデートスポットも数多くあります。

 

空港にも近いエリアなだけに、ショッピングモールや個人ショップもたくさんあり便利です。

しかし、治安が悪いと耳にするエリアでもあるのでどのあたりが危険なのかをしっかりと把握しておきましょう。

 

☆クタエリアの構成はどうなっているか

 

 

 

バリ島はまずはクタから遊ぶという方も多いかもしれません。

 

それだけ賑わっているエリアになります。

 

バリ島でも近代的に発展しているエリアといっても良いかと思います。

 

夜になってもまぶしい電飾が光っている町並みは自然豊かなバリ島をイメージされている方には違和感があるかもしれません。

 

しかし、ビーチリゾートらしい盛り上がりもクタエリアならでわの空気感だといえます。

クタは、大きな目印となる大通りが3つあります。

  • 中心部を横断する「レギャン通り」
  • ビーチ沿いの「パンタイクタ通り」
  • クタ南部の「カルティカ通り」

の3つの通りです。

 

クタには、サーファーから買い物客やデートをするカップルなど多種多様な人たちが集まります。

 

それらすべての人たちに対応するかのように大小さまざまな商業施設やショップが立ち並ぶようになりました。

 

昔からあるような歴史的な観光スポットはないですがバリ島の発展の象徴のような大型商業施設などは豊富にあります。

 

また、夜中まで遊べるナイトスポットも多く若者に人気の理由も夜まで騒げたり楽しめるといったことがあるのかもしれません。

 

大型ホテルからバックパッカーが好んで止まるような格安ホテルまで多くの宿泊施設があります。

 

数が多い分当たりはずれもありホテルの選別は難しいと感じます。

 

しかし、基本的に数が多いので予約サイトなどで探すと4つ星ホテルでも1万円程度で見つけることができる点ではメリットかと思われます。

 

クタの場合は、ホテルにこもって過ごすよりもビーチや買い物などに出かけたくなるかと思います。

 

その点では、ホテルはそこそこでも良いのかもしれません。

 

交通渋滞がひどいので家族連れでの旅行の場合はお子さんなど少し大変かなとも思います。

 

しかし、その分移動距離が短かったり商業施設などで飽きることが少ない利点もあるので家族のタイプによって考えられるとよいかなと思います。

 

作られたものが多いので自然を楽しみたい方には、少し物足りない感じになる可能性はあります。

 

☆クタに行くならどんな遊び方がいい?

Sponsored Link

 

クタはバリ島でも代表的な繁華街です。

 

その分危険も多いといえるエリアだけに気を付けたいことも多くあります。

 

ショップも多いだけに1店に絞り込むというよりはエリアごとに散策をしながら楽しむといった方がしっくりくるでしょう。

 

クタエリアで気を付けること

クタエリアでは、観光客が多く集まる分だけ気を付けなければならないこともあります。

 

治安が良いといえどもやはりよからぬ人たちがいることは残念なことです。

 

特に日本人は優しい性格だと思われているので狙われやすいといわれています。

 

ひったくり

クタエリアは、渋滞が多い地域としても有名です。

 

そんな狭い道路をバイクなどですり抜けながら歩行者のバックなどをひったくっていかれる事件なども報告されています。

 

バックは道路側にかけないようにしたり歩道もショップよりを歩くなどの工夫をしていきましょう。

 

また、最近ではスマホなどで検索しているところを狙われるケースも出てきているといいます。

 

路上での集中作業は狙われる隙を作ってしまいますので控えることをおすすめします。

 

ドラック

人が集まるところには濃い影ができるといわれます。

 

リゾートに来たことで気が緩んでしまう人もいることは確かです。

 

そんな人たちを狙って麻薬などのドラックを進めてくる人もいます。

 

バリ島をはじめインドネシアではドラックの罪が非常に重いです。

 

何をしようと刑務所粋なことは確実なくらい怖いものだと思っておいたほう他良いです。

 

一種の遊びや武勇伝的な気持ちで手を出すと一生を棒に振ってしまうことにもなりかねません。

 

ドラックだけは絶対に断るようにしましょう。

 

ジゴロ

バリ島には女性も多くやってきます。

 

特に日本人女性はバリ島の人に気に入られやすいです。

 

おしとやかで黒髪で色が白いなんて要素がバリ島の美人条件にぴったりなんです。

 

観光客としても浮かれてしまっていることもありちょっとしたナンパに乗って貴重品を奪われてしまったり暴行を受けてしまうといった事件もあります。

 

夜間の女性の一人歩きなどはしないようにしましょう。

 

おすすめのエリアは?

クタエリアは、ショップも多く行き先に困ることは少ないかと思います。

 

しかし、代表的な観光スポットが無かったりこれといった行き先を決めるという点においては難しいとも言えます。

 

大抵は、散策をしながら商業施設に遊びに行ったりビーチやウォーターパークなどでアクティビティーを楽しむといったことになるかと思います。

 

そこで通りごとにどんな遊びが良いかも見ておきましょう。

やはりカルティカ通りかパンタイクタ通りがぶらぶらしていても楽しめるかと思います。

 

カルティカ通り

カルティカ通りは空港からも一番近いエリアになります。

 

到着後すぐに遊びたい方には大型商業施設がおすすめです。

 

ディスカバリーショッピングモールやリッポモールクタなどが徒歩圏内にあります。

 

ディスカバリーショッピングモールを知りたい方はこちらの記事にあります。

バリ島のGW中の天気がよくない?雨でも楽しめる人気スポットは?

 

リッポモールクタ(Lippo Moll kuta)は、ハイパーマートというスーパーマーケットが入っています。バリ島でも知名度の高いスーパーマーケットです。

 

ちょっとしたものが欲しい時や夜食などを買って帰るにも都合が良いです。

 

スーパーで買えるお土産について知りたい方はこちらをチェック

バリ島女子がすすめる格安コスメ!お土産コスメはスーパーがお得?

 

こちらのナイトクラブは完全にバカンス客ばかりですので街中よりは断然安全です。

到着後すぐにリゾート気分が味わえるのでリラックスムードになりたい方にはおすすめです。

 

早い時間からハッピーアワーなどのサービスもしているのでエアアジア直行便などで早めに到着された方はフライトの疲れをとりながら行かれるのもいいかもしれませんね。

 

パンタイクタ通り

クタビーチ沿いにある通りです。

 

もともとサーファーが集まることで有名なったバリ島です。

 

今でも多くのサーファーが集まるスポットであることには変わりありません。

 

かっこいいサーフショップも多くありセンスの良いものも手に入ります。

 

また、初心者用の教室もあるのでバリ島でサーファーデビューする方も意外と多いと聞きます。

 

クタエリアでディスカバリーショッピングモールと並んで大型なビーチウォークというショッピングモールもあります。

 

建物がモダンなデザインでバリ島の若者も集まる人気の施設です。

 

無料Wi-Fiもあるので飲んびりと過ごすにも最適なスポットとなっています。

 

クタビーチは西向きにそってあるので夕日スポットとしても人気の高いビーチです。

 

バリ島の綺麗な夕日を眺めながらカクテルや食事で楽しい時間を過ごされるのも思い出深い体験になるかと思います。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

クタは、バリ島旅行でも人気のスポットです。

 

観光というよりは、バリ島でアクティブに過ごしたい方におすすめです。

 

また、あちこち移動する時間がもったいないと思われる方にもいいですね。

 

バリ島というとのんびりしていて、自然豊かなリゾートビーチをイメージすると思います。

 

しかし、クタに行ったらきっとバリ島の発展の度合いにびっくりするんじゃないでしょうか?

こんなに、電飾が豊かで明るいエリアもあるんだと。

 

車がひっきりなしに走っていて、クラクションがいたるところから聞こえてくる感じは、アジアのニューヨークのような錯覚すら覚えるかもしれません。

 

バーやクラブといったナイトスポットも沢山あります。

 

しかし、その分危険な部分もあることはご理解いただきたいと思います。

 

特に夜間の一人歩きには十分気を付けてくださいね。

 

そんな魅力あるエリアだからこそ安全に楽しくエリアを選んでくださいね。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.