バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島に来たら夜遊びしたい!おすすめスポットと男性との出逢い方

2018/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島に旅行される方でクタ&レギャンは一度は検索するものです。

 

バリ島で夜遊びするとなると必ずチェックするエリアですよね。

 

クタが他のエリアと一線を画する魅力と言えばナイトスポットの多さです。

 

わいわい盛り上がって遊ぶスタイルから、出会いを求めちゃう人もいるかもしれません。

 

そんなクタのおすすめナイトスポットをご紹介します。

Sponsored Link

 

バリ島へ遊びに来たならヤッパリ思いっきりはしゃぎたい方も多いことと思います。

 

そういっている私もバリ島に来た頃は色々遊びまくりたいと思ってあちこち回っていました。

 

そんな目的にうってつけなのがクタ&レギャンですね。

 

今までは比較的王道の昼間のご案内が多かったと思いますが、今回はクタの魅力でもあるナイトスポットについてまとめていきたいと思います。

 

おすすめスポットだけでなく、どうすれば楽しい出逢いができるかも書いているので参考にしてみてくださいね。

 

あと、注意点はしっかりとチェックしておきましょう。

 

楽しい分だけバリ島でもトラブルの多いエリアでもあります。

 

押さえることをしっかりと押さえておけば大丈夫な事ばかりです。

 

☆クタのおすすめナイトスポット

 

スカイガーデン Sky Garden

 

クタ&レギャンで一番大きな箱を持っているスポットです。

 

4階建てで駐車場と大フロアになっています。

 

2・3階が中フロアとバーになっています。

 

そして、4回が私も大好きな雰囲気のラウンジと中フロアになっています。

 

ラウンジはスカイラウンジで開放感抜群です。

 

観光客も多いのでかなりにぎわいます。

 

もちろんローカルの人もたくさんいますよ。

 

ピークタイムは、23時から翌3時がピークです。

 

ショップ情報

料金システム:

17時~21時 99,000ルピア(990円くらい) 食べ放題&飲み放題

21時~23時 150,000ルピア(1500円くらい) 飲み放題

23時~翌3時  150,000ルピア(1500円くらい) 2ドリンク

 

イベントなどのときには、1万ルピア(1,000円)で1カクテルか2ビールがついてくるパターンがあります。

 

Jl. Legian 61. Legian, Bali

0361- 755 423

 

 

 

バウンティ Bounty Discotheque

 

レギャン通りにあるもう一つの大型のナイトスポットになるクラブです。

 

スカイガーデンからも近く、歩いて5分くらいのところにあります。

 

2階建てのダンスフロアがあり、船をモチーフにしたレイアウトで人気です。

 

ピークタイムは、23時から翌2時くらいがピークです。

 

ショップ情報

料金システム:基本的にフリーで楽しめます。

 

Jl. Legian, Legian, Bali

TEL 0361-752529

 

 

 

 

アーリーキャッツ Allycats

 

オーストラリア人が多いナイトスポットで盛り上がっています。

 

スカイガーデンとビーチをーくの間くらいに位置しています。

 

ここは、アルコール類がかなり安く飲めます。

 

100円から300円くらいで飲めるので、ちょっと酔っ払いも多い感じですが、その分盛り上がりには事欠きません。

 

とにかく、大声出して騒ぎたい人に向いていると思います。

 

ショップ情報

料金システム:入場は無料です。アルコールなどを注文していきます。

 

Poppies 2, Kuta beach, Bali

TEL 081-7476-5148

 

 

 

 

☆クタで異性と出会うにはどこに行く

Sponsored Link

 

どこで待つ?

バリ島で出会いを求めている方もいるかもしれません。

 

クタ&レギャンエリアはその点ではかなり好立地とも言えます。

 

その分遊び気分の人も多いのでそれを踏まえて遊ぶならかなり良い確率で出会えると思います。

 

では、どこでどんな風に待っていればいいのでしょうか?

 

まつ?

 

まずは、場所的には路面に面したオープンテラスのあるカフェやバーに席を陣取りましょう。

 

そこで小瓶のビールなんかをちょっと飲みながら眺めていたりしたら声をかけてくる人も現れてきます。

 

意気投合したり好みだったら話しながら次の展開を楽しみましょう。

 

おすすめは、スカイガーデンがおすすめです。

 

かなり、たくさんの人もいるので待つだけでなくこちらから話しかけることもできるオープンな雰囲気があります。

 

それとなく話しかけることで仲良くなれるチャンスが多いです。

 

また、フロアごとに雰囲気が違うことも大きいですね

 

自分にあったところで、待ったり探したりしましょう。

 

どんな話から出逢うの?

しかし、どんなことから話し始めたり話しかけたりしたら良いかも迷うところです。

 

あなたが、同じ日本人を探しているのなら簡単かもしれません。

 

「日本の方ですか~?」

 

これでOKです。

 

ここから、思っているよりもはるかに会話は弾んでいきます。

 

外国ということもあると思います。

 

心もオープンになっていることもあると思います。

 

それ以上に海外で日本人同士という共通点は、かなりのアドバンテージになっているということです。

 

あなたも、気の合いそうな肩を見つけたら声をかけられることばかりを待っているのではなくこちらから声をかけてみてはどうでしょうか?

 

注意点

クタ&レギャンは、楽しい分危険も内在しているエリアと言わざるを得ません。

 

最後に水を差すようで申し訳ないのですが、押さえるべき点はしっかりと押さえておかなければ楽しい時間を台無しにしてしまいかねません。

 

注意点としては、お酒と誘われ方についてです。

 

お酒は、いわずと飲み過ぎないことです。

 

バリ島はとても開放的になります。

 

そこで、お酒も進んでしまって飲み過ぎて酔っ払い前後不覚になってしまってはどんなトラブルに巻き込まれても弁明の余地はありません。

 

お酒は適度に楽しむ程度を心がけましょう。

 

特に少数グループでいるときに安心して飲み過ぎてしまうことが多いと聞きます。

 

自分一人でも歩いて帰るというレベルでの調整をしておくとよいかもしれません。

 

そして、誘われるパターンとしてクタには遊び慣れている人がかなりたくさんいます。

 

気軽に声をかけてきてくれますが、まったくその場のノリの人ばかりなのでそこを覚えておきしょう。

 

もちろん、中には運命の出会い的なこともあるかもしれませんが確率的には少ないと思います。

 

そこを楽しく過ごせればよいと思える程度の関係から始めるとよいでしょう。

 

また、お金目当ての人も多いのでその点は、目を光らせてしっかりとチェックしておかないとただのカモとなってしまいます。

 

それだけに、やはりお酒の調整は防衛策でもあるといえます。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、クタ&レギャンのナイトスポットについてまとめました。

 

楽しく遊べる分だけ、危険もあることは肝に銘じておいてください。

 

そこをしっかりと押さえておけばかなり楽しいエリアです。

 

夜まで、こんなに賑やかなエリアはバリ島ではここしかないかもしれません。

 

また、バリ島の最先端ともいえるものも多いので立地だけでなく盛り上がってはじけるバリ島を楽しめるとよいですね。

 

クタ&レギャンの、本当の良さと雰囲気をしっかりと満喫してください。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.