バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島で英語が通じないときどうする?観光で使える簡単アプリは

2017/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

Sponsored Link

 

海外旅行に行くときに言葉のことが気になっている方はいますか?

 

 

バリ島に旅行を計画した時に言葉は通じるんだろうか?

 

英語?何語?

 

なんて考える人もいると思います。

 

バリ島は、観光地ですので基本的に施設などでは英語は標準的に通じます。

 

しかし、ローカルエリアや個人店などでは現地語しか話せない人も多いです。

 

では、バリ島の現地語って何でしょう。

 

バリ島は、インドネシア語が主流です

 

さらに、バリ語というものもありますがインドネシア語で話は通じます。

 

でも、インドネシア語なんて話せない。

 

英語も自信がないからバリ島旅行は、難しいかな?

 

なんて、思ってしまった方もいるかもしれませんが安心してください。

 

私も、始めはほとんどインドネシア語なんてわかりませんでした。

 

それに、人に言えるほど英語も話せません。

 

それでも、バリ島では日本語オンリーでもガンガン遊べる方法があるのです。

 

今回は、語学力に自信がない方にバリ島で日本語しか話せなくても楽しめる方法をお伝えしたいと思います。

 

☆バリ島で日本語しか話せなかったらどうする?

 

バリ島には、たくさんの観光客が訪れています。

 

欧米人やオーストラリアなどからもたくさん来ているので自然と英語はよく耳にします。

 

しかし、バリ島で日本語しか話せない方も多いことをご存知ですか?

 

それでもしっかりと観光を楽しむことができます。

 

バリ島には、意外とシニアの日本人の方も多いですので日本語しか話せない方は探せばすぐに見つかるほどいます。

 

では、その方たちはどのようにして日本語だけでバリ島観光を楽しんでいるのでしょうか?

 

移動

日本語ガイド付きのカーチャーター

はっきり言ってこれが一番硬いです。

 

簡単で、しかも効率的です。

 

移動も間違いが少ないですし、時間も節約できて一石二鳥です。

 

しっかりとしたところに予約をしておけば空港からずっと困らずにすみます。

 

一日8000円前後で貸し切れます。

 

また、チケット購入やいろいろな相談にも乗ってくれますのでプラン変更や要望を日本語で伝えることも可能です。

 

一日の大半を数河であろう観光と移動時間を日本語だけで過ごせるのは、かなりストレスが少なくてすむことでしょう。

 

ホテル

宿泊施設は、日本語対応の差が大きいポイントです。

リゾートホテル

 

これは、間違いがありません。

 

必ずと言っていいほど日本語が話せるスタッフもしくは日本人スタッフがいます。

 

宿泊でもストレス無く日本語で過ごしたい方には、お値段は張りますがこちらの方法がおすすめです。

 

安宿ロスメン

ロスメンと呼ばれる安宿は、運が良ければ日本語が通じるスタッフがいることがあります。

 

それも、スタッフ能力としてではなくてたまたま日本が好きだから話せるとか、日本人の友達がいるといったレベルです。

 

ですので、デリケートな話や難しいコミュニケーションなどはちょっと期待できないかもしれません。

 

クタなどは、結構安い部屋もありますが日本語的には、あまりお勧めできないかもしれません。

 

見分ける方法としては、泊りたい宿をインターネットで調べて直接電話してみるといいです。

 

まず、日本語が通じる人がいればそこで日本語が話せるスタッフがいるということです。

 

また、電話でのコミュニケーションが取れるのならば現地でも安心でしょう。

 

もし、電話のときのコミュニケーション力に不安があるようならやめておきましょう。

 

観光

移動のところとも関係してきますが、日本語ガイドを付けておけば大抵のことはクリアできます。

 

ポイントは、日本語が話せるガイドを付けることで日本語ができるドライバーでは観光は難しいということです

 

ドライバーさんは、基本的に車から離れることができないし観光案内をしてはいけないとのことなのです。

 

ですので正規の資格を持ったガイドさんを付けることで観光スポットでも一緒についてきてくれます。

 

食事

観光をしていると食事も必ず絡んで来ることです。

 

ホテルなどのレストランなどは、ほとんど日本語が通じますが街の中のレストランだと微妙です。

 

目安としては、日本語メニューがあるか聞いたり見たりしてチェックするといいです。

 

もし、言葉が通じなくても日本語メニューがあれば指を刺せば一応は通じますので何とか食事はできますね。

 

さらに、ワルンと呼ばれる安い現地の定食屋や屋台はほとんど通じません。

 

ワルンなどでは、ものを指さすか知っているナシ・ゴレンやバビ・グリンといった単語で対応しましょう。

 

ショッピング

買い物もやはり、店構えでチェックします。

 

ガイドさんが知っていれば聞いてもいいかもしれません。

 

雑貨などは、言葉が通じなくてもいいかもしれませんが洋服などはサイズや柄の話をしたいかもしれません。

 

そんな時は、一応チャレンジしてみて駄目そうなら諦めるくらいでアタックしてみてください。

 

大きな、免税店やお土産屋さんでは、かたことレベルで日本語が通じますのでどうしても確実に欲しいものがあるの場合は大型店をおすすめします。

 

 

☆バリ島観光で使える簡単フレーズ

Sponsored Link

 

それでも、せっかくバリ島に旅行するので少しは話してみたいというチャレンジ精神がある方にいくつか簡単フレーズをまとめてみました。

 

行きの飛行機内で覚えられてしまえるくらいのものなので、サッと覚えて現地で一つでも使ってみましょう。

 

今回は、言えればいいというスタンスでアルファベットはなしでカタカナ表記にしました。

 

オールマイティに使える言葉

テレマカシィ:ありがとう

アパ・カバール:元気ですか

バイク・バイク・サジャ:元気です

ティダ・アパアパ:大丈夫です

バグース:いいですね・good

 

食事

サヤ・マウ・マカン・○○:○○が食べたいです。

ナシ・ゴレン:チャーハン(のようなもの)

ミー・ゴレン:焼きそば(のようなもの)

コピ:コーヒー

テ:紅茶

エナ:美味しい

マニス:甘い

プダス:辛い

ミンタ・ボン・ヤ:お会計お願いします

カマール・クチル・ディマナ?:トイレはどこですか?

 

買い物

サヤ・マウ・ブリ○○:○○を買いたいです。

イニ・アパ?:これは何?

ブラパ(・ハルガニャ):いくらですか?

ムラー:安い

マハル:高い

ボレ・ディチョバ?:試着できますか?

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

いかがでしたでしょうか?

 

日本語だけでバリ島旅行も十分に楽しむこともできますね。

 

やはり、しっかりとしたガイドさんを付けるのが一番のおすすめです。

 

現地で言葉が通じるだけでなく注意事項やおすすめなことも教えてくれるガイドさんもいるんです。

 

下手に自分たちよがりで回るよりもよりバリ島を楽しむことができます。

 

それでも、もっと現地でどこでも気兼ねなく回りたい方にはとっておきの裏技を教えちゃいます。

 

これは、ついたその時から通訳を連れているようなものなので言葉の心配はいりません。

 

使えるテクニック

アプリ

一番現代的で取り入れている方も多く見かけます。

 

特におすすめなアプリは、Googleの翻訳アプリです。

 

音声で入力するとインドネシア語で発音してくれるのでコミュニケーションも早いです。

 

注意点は、Wi-Fi環境を持っていることと電源量を気を付けておくことが大切です。

 

インターネットがつながっていないと文字のみの翻訳になり相手に見せながらの対応になります。

 

また、相手からの言葉のときには打ち込んでもらわないといけないのでちょっと面倒ですよね。

 

インドネシア語の学習アプリを知りたい方はこちら

 

ガイド本を持ち歩くことも結構話が通じることが多いです。

 

言葉の付録がついていたり、行きたいスポットの住所は現地の住所が記載されていることが多いのです。

 

また、最近では本から内容をアプリでダウンロード出来るものもあります。

 

上のアプリ機能と組み合わせておけば本をスマートフォンやタブレットの中に入れていることになります。

 

荷物も少なくなるし、お気に入りのページをブックマークしておけば探すのも早いですよね。

 

そんなテクニックを駆使して是非日本語だけでもバリ島旅行を楽しんでしまいましょう。

 

それでは、今日もばぐ~す!

 

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.