バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ風インテリアがまとまらない?高級ホテルのような部屋作りのコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島に旅行に行かれた方はその魅力のとりこになってしまう方もいるかと思います。

 

旅行から帰ってきたらバリ島のような空間を少しでも作ってみたくなることはないですか?

 

しかし、思いのほか難しくなんかバリっぽくないとまとまらない空間にイライラすることも。

 

しかし、ポンとを押さえればバリらしさを日本の空間でも出せるんです。

Sponsored Link

 

バリ島で楽しい時間を過ごされた方やもともとバリ島にあこがれている方は多いかと思います。

 

日本に帰ってきてからもバリ島の雰囲気の中で暮らしたいと一生懸命にバリ風の空間づくりにトライしてみるもののいまいち納得のいく仕上がりにならないことになってしまいがちです。

 

あの高級ホテルに泊まったときの雰囲気やのどかなカフェでの空間はやはりバリ島だからできたのでしょうか?

 

いいえ、日本の部屋でもバリ島らしさを出すことはできます。

バリ島の雰囲気をうまく取り入れるにはちょっとしたコツと知識が必要なだけです。

 

押さえるポイントを絞って統一感を出せればバリ風の空間の出来上がりです。

 

今回は、バリ風の空間を作るにはどうしたらよいかのコツをまとめていきたいと思います。

 

☆バリ風のホテルのような部屋作りで押さえる6つのコツ

 

バリ風の部屋を作るときに役に立つコツをまとめていきます。

バリ風にするポイントは色々あるかと思いますが、大きく6つのポイントに絞って説明していきたいと思います。

 

1、色合いのバランス

空間の中でも一番の印象を創るポイントは色合いです。

ここがまとまらないと何をしてもうまくいかないです。

 

色合いには大きく3つに分けて考えます。

  1. ベースカラー
  2. アソートカラー
  3. アクセントカラー

それぞれ占有比率純です。

ベースが75%、アソートが20%、アクセントが5%くらいの意識でまとめるとバランスが良くなります。

 

そこでバリ風にするときにまずは部屋がもともとどんな色がベースなのかをチェックしましょう。

もしこれから選べるのであればダークカラーの方がバリらしさを出しやすいかと思います。

 

(アソートカラー:アソートカラーとは組み合わせや従属色などの意味で占有率がセカンド的な位置の色合いの意味です。)

 

アソートカラーは、ベースカラーとの相性が大切になります。

ホワイトがベースならダークカラーにします。

ダークカラーがベースならホワイトなどを持ってきます。

 

アクセントカラーは色合いがはっきりしたオレンジやピンクなどがバリらしくなりやすいです。

 

2、家具・ソファー

色合いはすでにいる部屋ならあまり変えることはできませんが、家具はグッとバリらしさを出すには効果的なアイテムです。

 

まさにバリインテリアをチョイスしてくるのですが、やはりソファーとテーブルが決め手になります。

 

バリ家具には大きく2種類に分かれています。

  • 編み物系
  • 木製家具

編み物系はリゾート感も出しやすいものでチョイスもそれほどセンスを必要としないので安心感があります。

 

ウォーターヒヤシンスやバナナリーフ、ラタンなどが代表的です。

 

木製家具はデザインも豊富でかなり良いものが多いです。

雰囲気をかなり個性的に出したい時などにはいいですがセンスがないとちょっと痛い買い物になることもあります。

 

マホガニーやチーク材のものが有名で品質の高いものが多くなってきます。

長い間使うことが前提なら木製家具もありだと思います。

 

3、布地・壁掛け

ベッドルームやトイレに雰囲気を出したい時にはファブリック系を意識して選ぶとバリ風に変わります。

 

バリ風の布地を探してかけるだけでも雰囲気が出るので効果は高いですね。

 

ポイントは光沢のある布がおすすめです。

また、柄はバティック柄などが解りやすいでしょう。

 

テレビラックやチェストの上など見えやすい場所に置くといいです。

また、ベッドライナーやクッションに巻き付けてもオシャレですね。

 

アクセントカラーの部分になるので色合いははっきりしたもので大丈夫です。

 

4、観葉植物

赤道直下をイメージさせるには植物は欠かせません。

特に観葉植物は手間もほとんどかからないのでぜひ取り入れていきたいアイテムです。

 

ポイントは大きめのものがまとまりが出てきます。

そして、種類は葉の大きなものが南国感が出てきます。

 

モンステラやウンベラーダが手に入りやすい観葉植物かと思います。

 

5、照明

照明は蛍光色ではなく電球色を選びます。

そして、間接照明のような優しい光にすることでよりバリらしい照明になります。

 

また、ファンのついた物や天然素材の電球カバーの照明もリゾート感が出てくると思います。

 

6、小物・香り

最後は仕上げとしてバリらしい小物雑貨やお香を焚いてあげて完成です。

 

こちらは、バリ島旅行の時のお土産でもいいですし雑貨屋でも並んでいるので購入してきましょう。

 

壁にバリ島の写真や絵なんかを飾ってもオシャレになりますね。

 

☆バリ風の効果的なインテリアは?

Sponsored Link

 

バリ風の部屋を作るときに抑えるポイントは判ったかと思います。

しかし、もっと具体的にオシャレな家具やインテリアを知りたい方に一発でバリ風の部屋にできるアイテムをご紹介しますね。

 

先にも述べたソファーやインテイリアになるんですが、オシャレなものが手軽に購入できるのでチェックしてみてください。

 

ソファー・テーブル

バリ風の部屋を作りたいなら欠かせないアイテムになるのではないでしょうか。

極端な話、ソファーと観葉植物でバリ風になることも可能です。

 

より良いものを選んで雰囲気を出してください。

 

 

一人用ならこちらがゴージャスでいいかもしれません。

一人暮らしで帰ってきてくつろぎのひと時をセレブ感ある姿勢で楽しんでください。

 

 

 

家族で使いたい方や友達も来るからみんなで座りたい方にはこちらがおすすめ。

L字型のソファースタイルはリゾートならではのスタイルですね。

使い用途もいろいろ広がる形なので人気も高いです。

 

ベッド

ベッドは自分のためのものであるがゆえにこだわりが解れるところです。

毎日リゾートで休んでいるかのような使い心地でリラックスできるはずです。

 

 

 

 

テーブル・ラック

 

 

先のソファーと合わせていただけると統一感も出てグッと空間がまとまります。

余り編み物系に偏るのが嫌な方はテーブルやチェストを木製家具にすることでも調和がとれやすくなります。

 

 

部屋に気品と優しさを出してくれる木製家具は一つは目立つものを置きたいところです。

機能性と落ち着きを持ったものを探していきましょう。

ご紹介したものはセットでデスクスタンドもあります。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、バリ島から帰ってきてまだまだバリ島を味わっていたい方やバリ島にあこがれていてバリ島のような空間で過ごしたい方にバリ風の部屋の作り方のコツをまとめました。

 

  1. カラーバランス
  2. インテリア
  3. 観葉植物
  4. ファブリック
  5. 照明
  6. 小物雑貨

 

このカテゴリーごとに意識してまとめていくと部屋がバリ風になります。

そして、簡単にバリ島の雰囲気を出せるソファーなどもあらかじめ探してご紹介させていただきました。

 

これらのものをそろえていくとあこがれもバリ島にいつもいるような部屋ができるかと思います。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.