バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島旅行は一人旅にむてない?デビューするならバリ島が断然おすすめ

2017/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

 

一人旅をしてみたいと思ったけど、いったいどこの国があっているの?

 

初めての一人旅を考え中だけど、いろいろ不安もあるから行き先を決めかねてしまっているかもしれません。

 

確かに、場所によって旅行はかなり難易度が違ってくることは間違いありません。

あなたの旅行が、楽しいスタートになるか残念な思い出になるかは、選ぶ場所によって変わってきます。

Sponsored Link

 

では、どんな国が一人旅ビギナーには向いているのでしょうか?

 

一人旅で気になることは次のことではないでしょうか?

  • 治安は大丈夫だろうか?
  • 楽しいことが一人でもできるだろうか?
  • 言葉の壁は越えられるのだろうか?
  • トラブルにあったときにはどうしたらいいのだろうか?

こんなことが頭をよぎることでしょう。

 

そこで、これらの疑問をクリアして、なおかつ楽しい時間を過ごせる場所があります。

 

バリ島は、一人旅ビギナーに是非チョイスしていただきたいスポットです。

 

バリ島には、一人だからこそおすすめなことがたくさんあります。

 

特に最近はやっている女一人旅なんかには、感動できることがたくさんあります。

 

今回は、バリ島がなぜ一人旅の旅行者にもおすすめなのかをまとめたいと思います。

 

さらに、一人旅初心者の方が戸惑ってしまいそうな気を付ける点も合わせてお伝えできればと思います。

 

☆バリ島が一人旅におすすめな訳

治安が良い

バリ島は、世界的にも治安のよい場所だとされています。

 

バリ島の治安の良さは、ヒンドゥー教徒の信仰心の厚さも関係してると思います。

 

 

バリ島に来ると様々なところに、神様へのお供え物やお香がたかれている場面を目にします。

 

寺院や家の中はもちろんのこと、施設や空港など公の場でもしっかりとされています。

 

バリヒンドゥーは、争い事を嫌います。

 

いろいろな事や物を肯定的に観る習慣があります。

 

日本の神道に近い感じですね。

それも、同じ多神教からきているのかもしれません。

 

そんなところも親近感がわくところなのかもしれませんね。

 

日本語が通じるところが多い

バリ島では、日本人観光客が多いので自然と日本語が話せる人が多いです。

 

もちろん英語と現地語のみの人がベースですがは無しが通じないと日本語が通じる人がいるところを教えてくれたり連れてきてくれることもあります。

 

バリ島では、ホテルやレジャー施設には大抵日本語ガイドがいますので安心です。

 

それに、日本語が話せるドライバーさんやガイドをつければ一日中言葉の心配は無くなります。

 

きままに一人旅を満喫しつつ困ったときにはガイドさんに助けてもらうなんて方法が一番賢いやり方かもしれませんね。

 

一人で出来ることが多い

バリ島が、一人旅におすすめな一番大きな理由が一人で出来ることがたくさんあることです。

 

バリ島に来たらのんびりと時間に縛られずに自分のしたいことを思いっきりできる幸せを是非感じてほしいです。

 

スパ

バリ島には、いたるところにスパがあります。

 

セレブ御用達のような高級スパから、格安でこのスキルですか?!

というくらい気持ちいい街スパまでさまざまです。

 

一人旅でおすすめは、やはり街スパです。

 

 

とても安くていいお店があるのでぜひ試してみてください。

 

価格も90分で1300円位のところもあるので滞在中毎日行くことも楽しみにできますね。

 

ヨガ

今、ヨガは世界中で大人気です。

 

バリ島は、昔からヨガをするヨギーたちが集まるヨガのメッカのような場所なんです。

 

バリ島には、ヨガをさらに深く感じることができる自然があります。

 

バリ島の自然と調和した時間は、ヨガをより意味深いものに感じさせてくれることになります。

 

様々なところで体験ヨガができます。

 

おすすめは、ウブドがいいです。

 

場所も、世界遺産のライステラスを眺めながらのヨガ体験なんかは、あなたの世界観を変えてくれるかもしれませんね。

 

買い物

バリ島といえば、かわいい雑貨やコスメが人気です。

 

ナチュラルソープやオーガニックコスメは、それだけを求めて買いに来るほどの人気です。

 

また、プチプラコスメもハイレベルでながら格安で購入できるものも多いです。

しかも、スーパーで買えるので一人でも気負わずに購入出来ちゃいますね。

 

他にもバリ島らしい雑貨やお菓子なんかも目移りして逆に困ってしまうかもしれません。

 

あなたの好みに合うものをがっちり探してください。

 

やはり、ウブドがギュッと町がまとまっていてバリらしさがあるショップが多いので楽しめると思います。

 

カフェ

バリ島には、欧米人も多いのでカフェが結構あります。

散策に疲れたらちょっとのんびりとコーヒータイムでくつろぐことができます。

 

一人旅ですからきのむくままそのままカフェで何時間もボーっとすることだってバリ島ライ風景です。

 

カフェにもいろいろあるのであなた好みのカフェが見つかるといいですね

 

バリ島の食べ物はインドネシア料理になります。

 

ナシゴレンやミーゴレンって聞いたことあるかもしれませんね。

 

バリ島には、観光客も多いのでイタリアンやステーキなんかも少し探せばすぐに見つかります。

日本食もすぐに食べられますよ。

 

でも、やっぱり一人旅の醍醐味は現地とのつながりですからやはりインドネシア料理を食べていただきたいですね。

 

主に、ワルンと呼ばれる定食屋のようなところだとかなり安いです。

その他にも、ナイトマーケットなんかには屋台もたくさん並んでいるのでそこで食べるのもいい体験になるでしょう。

 

価格も結構食べて300円位なのでおどろきです。

 

インドネシア料理は、タイ料理なんかとは違いあまり辛みがきつくないものが多いです。

 

ココナツミルクをよく使うので多少辛みがあってもかなりマイルドになっています。

 

☆一人旅で注意する点・戸惑う点

Sponsored Link

 

バリ島は、観光地で整備されているといわれていても日本人にとってみると戸惑ってしまうことも結構あります。

 

そこで、バリ島で戸惑いそうなところをまとめておきました。

バリ島に行くときには、頭の隅にでも置いておくと戸惑わずに対処できることだと思います。

 

トイレ

水の流し方

トイレは、ホテルや空港などは洋式トイレで大丈夫だと思います。

 

しかし、街に出た時などにまだ昔のトイレを使っているところも多いです。

 

水は、水洗で流れてくれればよいのです。

古いと自分で桶から水を足して流すスタイルもまだ見かけます。

 

出会ったときには戸惑わずに水を置け出たして流しましょう。

 

トイレットペーパー

古いトイレにはトイレットペーパーがありません。

 

これが結構知らないと日本人には衝撃的に映ると思います。

 

どこ?どこ?

みたいに探してもトイレットペーパーを付けるところさえありません。

 

良く観ると近くにピストルが先についたようなホースがあります。

 

もしや?

そうです。これでお尻を洗うのです。

 

結構難易度高いので、もしものために流せるティッシュペーパーを持参していくことをおすすめします。

 

また、様式でも便座にくつのまま乗って用をたす現地の人もいます。

 

除菌シートもあるとよいと思います。

ストリートチルドレン・空港の荷物運び

日本人は試合の精神が強い国民です。

つい弱い人や困っている人だと判断すると助けてしまいたくなる気持ちはわかります。

 

しかし、バリ島での洗礼はそんな親切心を利用したところから始まります。

ストリートチルドレン

大きな道路などでは車に乗っていると、信号待ちのときなに子供が近寄ってきます。

 

窓を、コンコンしながら恵んでほしい仕草で見つめてきます。

 

しかし、いったん小銭なんかをあげてしまうとさらにたくさんの子供に囲まれることになります。

 

あなたが助けたつもりでも子供たちには一線も入りません。

 

親方がいて全部取られてしまうのです。

 

ですので、可哀想だと思いますがまだ旅慣れていないあなたは見過ごすことにしてください。

 

これも世界にある貧富の現状だということを体験する機会だと思ってください。

空港の荷物運び

こちらは、一番に出会う空港にいる勝手に荷物運びさんです。

 

日本だと、いろいろなところで荷物を運んでくれることが気遣いとして感じられます。

 

同じ感覚でバリ島もやっぱり親切な国なんだななんて思っているといいカモにされてしまいます。

 

 

 

荷物の受け取りロビーにいるとサッとスーツケースを運ぼうとしてくれます。

 

出口まで運んでくれますが、そこで1000円位取られてしまします。

 

サービスじゃないの?

なんて思っても言葉も通じないので泣き寝入りです。

 

一人旅ですから、自分のことは自分でする習慣を持っていれば大丈夫です。

その他の注意点

その他にも気を付ける点があります。

しかし、これからご紹介することは普通に気を付けていれば出会うことがないのでそんなに怖いことではありません。

 

外国に行くのですから、

  • 夜間の外出は控える
  • お酒の飲み過ぎにならない
  • 気軽に人を信用したりついていかない

このような基本的なことを護っていれば大丈夫です。

 

しかし、念のためにまとめておきます。

以下のことに出会ってしまったら大きなトラブルになることが多いと思っておいてくださいね。

 

麻薬

もうこれは、完全にアウトです。

インドネシアでは、麻薬はかなり厳しく取り締まっています。

 

懲役は確定的ですので絶対に誘いに乗らないでください。

 

夜遊び

ナイトライフでクラブやバーに行きたいかもしれません。

 

しかし、一人旅でクラブやバーに行くのはかなり慣れた旅人がすることだと思っておきましょう。

 

最も、危険なことが集まるところです。

いくらバリ島の治安が良いといっても夜には、よからぬ輩も出てきます。

 

数人で囲まれたら逃げようもありません。

 

夜はのんびりと部屋や、近くのカフェぐらいにしておきましょう。

野犬

これも、夜になると急に動き出す犬たちがいます。

 

だいぶ駆除されてきたとはいってもまだいることは事実です。

 

襲ってくることもあるので暗いところには行かない様にしましょう。

 

中には狂犬病にかかっている犬もいるのでもしかまれたら

すぐに知らせて病院に行くことです。

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

バリ島は、とても遊ぶところが多いところです。

 

しかし、バリ島にリピートする人たちのほとんどが、実は何もしないこと

を目的に来ていることをご存知でしたでしょうか?

 

バリ島は、のんびりするために行く。

リフレッシュするためには、自然との調和やのんびりした現地の人たち

とのやり取りが何かを取り戻させてくれる感じがする。

 

そんな体験から、再びバリ島を訪れるそうです。

 

バリ島の人たちは、本当ににっこり笑いかけてくれます。

 

きっと日本でこんなことをしていたら、引かれると思いますが

バリ島の雰囲気がそれを自然としてくれるのでしょう。

 

あなたも一人旅デビューをするなら、にっこり笑いかけてくれるバリ島で

幸せな時間を体験してみましょう。

 

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.