バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島の食事は格安メニューがやっぱり一番?一度は行きたい最新おすすめファイン・ダイニング5選

2017/11/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島旅行に行ったときに何を食べたいと思っていますか?

 

二人で行くようであるなら是非、バリ島のファインダイニングを一店でもチェックしておいてほしいです。

 

ファインダイニングとは、シェフのコンセプトを料理だけ得なく店の作りからカトラリーに至るまですべてがメッセージとなっているようなレストランのことです。

Sponsored Link

 

バリ島は、世界中から観光客が訪れています。

 

格安旅行や物価が安いことも人気の秘密ですが、それと並んで世界のセレブたちもバカンスを楽しんでいることを忘れてはいけません。

 

そんな、セレブをうならせるシェフがたくさんバリ島で腕を振るっているのです。

 

ファインダイニングは、カップルにおすすめです。

やはり、小さな子供いては感性を十分に働かせるには騒がしいでしょう。

 

また、一人で入ることもできるでしょうが鋼の心臓があるほど一人旅に慣れているならと目はしません。

 

二人で、これからの人生を一緒に歩んでいける大切な思い出にするのもいいでしょう。

 

また、いままで連れ添って苦楽を共にしたパートナーとの絆をかみしめる時間にするのも良いでしょう。

 

ファインダイニングには、心を敏感にしてくれる空気があります。

バリ島の魅惑的なパワーの助けもありきっとあなたの時間を最高のものにしてくれると思います。

 

今回は、バリ島でも今人気が集まっているとっておきの店や絶対にチェックしておいてほしいファインダイニングを5つご紹介します。

 

ぜひ、バリ島旅行の候補に入れておいてくださいね。

 

☆バリ島ファインダイニングおすすめ5選

クカ(ジンバラン)

カユマス・ジンバランに隣接しているレストランです。

 

タパスという料理を出しています。

 

カナダ人シェフで和食からもインスピレーションを受けているといっています。

 

地産地消にこだわっている料理は、細部に至るまで芸術性や驚きが絶えません。

 

お酒にも合う味なのでリラックスして楽しい時間を過ごすことができそうですね。

 

予算 25万ルピア~

12:00~24:00 無休  TEL0316-708066

インターコンチネンタル・バリ・リゾートから徒歩10分

 

カユプティ(ヌサ・ドゥア)

日本料理の技法も取り入れているインドネシアでも有名なシェフが腕を振るっています。

 

オープンキッチンで一流の料理人たちの動きも味を引き立ててくれます。

 

空間も海風を感じさせるような開放的な造りなので堅苦しさもなく初めてでも楽しく会話が弾むでしょう。

 

料理は、エレガントな雰囲気があるので女性にはとても思い出に残るようなお皿が続くと思います。

 

予算 昼20万ルピア~  夜40万ルピア~

12:00~17:00 18:30~22:30 無休 TEL0361-8478111

セント・レジス・リゾート内

 

クブ(ウブド)

ラフティングでも人気のアユン川のほとりに立ったレストランです。

 

マンダバ・リッツカールトン・リザーブ内にあるレストランです。

 

最高級のもてなしといわれるホテルでの食事は、まさに世界のセレブが求めてくるものの一つでしょう。

 

世界で活躍していたイタリア人シェフ・マウリツィオ氏による地中海料理は世界の最先端の料理といってもいいでしょう。

 

どれも、一流にふさわしい味と演出があなたに感動を止めさせてはくれないでしょう。

 

予算 50万ルピア~

18:30~22:30 無休 TEL0361-4792777

マンダバ・リッツカールトン・リザーブ内

 

テアトロ・ガストロテック(スミニャック)

料理は、コース料理のみのメニューです。

 

シェフのメッセージがストーリーのようにお皿に盛られて次々に運ばれてきます。

 

スミニャック・スクエアのそばなのでアクセスもいいです。

 

創作フレンチレストランですが、ライブ感があってシェフの遊び心が感じられる料理が印象的です。

 

パートナーとも驚きや感動で会話も弾むでしょう。

 

予算 150万ルピア~

18:30~22:30 無休 TEL085-1017-00078

ビンタン・スーパーマーケットから車で10分

 

ロカヴォレ(ウブド)

オーナーが3人いるオーガニックレストランです。

 

地元の漁師や農家と契約して、その時に一番良い食材を調達して料理を創ってくれます。

 

そのため、決まったメニューはなくいつも変化してるのだそうです。

 

シェフのエルケ氏とレイ氏による創作料理は、味と見た目だけでなくバリ島のパワーをしっかりと吸収できる滋味のある料理ですね。

 

予算 67万5000ルピア~

18:30~22:00  日曜休み TEL0361-977733

サレン・アグン宮殿から徒歩10分

 

☆ファインダイニングでの注意点

Sponsored Link

 

世界のセレブが集まるファインダイニングに行ってみたいけど、なんだか怖いという人のためにいくつかアドバイスです。

 

これだけは、押さえておけば恥をかかずにすみますのでチェックしておきましょう。

 

必ず予約をしてから

レストランは、ただ食事をするだけの場所ではありません。

 

店側は、最高のおもてなしをしたいので準備をしっかりとしておきたいのです。

 

可能な限り、電話で話したり予約をしてから行きましょう。

 

店側も、サービスの熱が違ってきます。

 

記念日やハネムーンなどの情報を教えておくことでサプライズなどのサービスを受けられることもあるので伝えておくことをおすすめします。

 

ドレスコードを確認

予約の際にドレスコードは、必ず確認しておきましょう。

 

場所的にもリゾートホテル内だったりしますので、タンクトップなどでは入れないところもあります。

 

レストランで貸し出してくれるところもありますが、完全に格好悪い服装になってしまうので逆に目立ってしまいます。

 

周りも同じように場に気を使っています。

 

俺様よがりにならない様に、その場にふさわしい服装を心がけるとよいですね。

 

会計はテーブルで

バリ島は、結構席での会計が多いです。

 

ワルンなどでは、先にお金を払ってから食べるところもあります。

 

しかし、ちょっといいところで食事をするとほとんどテーブル会計でした。

 

レジを探して、きょろきょろしたり探し回らないようにしましょう。

 

食事が終わって、コーヒーなどを飲んだらウェイターにアイコンタクトで通じますので安心してくださいね。

 

お酒の飲みすぎ注意

バリ島で開放的になって、さらにファインダイニングで極上の料理を堪能した自分に酔うかのようにお酒の飲み過ぎには注意しましょう。

 

これは、バリ島の文化もありますがあまりバリ島の人は酔っ払いが好きではありません。

 

度を超すと、非常に軽蔑されてしまいますのでその場にふさわしいお酒の飲み方をしましょうね。

 

途中で水を注文しておけば、飲み過ぎた時でも休憩できますのでおすすめです。

 

日本と違って、たくさんお酒が飲めてもバリ島では何の自慢にもなりませんので覚えておいてくださいね。

 

これは、ファインダイニングだけではないので旅行中は程よいお酒にしておきましょう。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、バリ島でも今人気のファインダイニングをご紹介しました。

 

バリ島の自然がはぐくむ食材の豊かさと、世界で活躍しているシェフのインスピレーションを感じることができるチャンスがバリ島旅行にはあります。

 

バリ島での、良い思い出にアクティビティやお土産だけでなく時間と経験という得難い体験も入れていただけるとなお楽しい旅行となると思います。

 

バリ島の、最上級の食事事情もチェックしたうえで格安の食事やオーガニックカフェなんかも回るとあなたの心の幅がグッと広がることでしょう。

 

絶景レストランもチェックしたい人はこちらから

 

オーガニックカフェをチェックしておきたい方はこちら

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.