バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島観光は新月と満月の日がお得?おすすめバリ舞踊はどこで見る?

2019/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

 

バリ島には、独特の文化があります。

文化や歴史に興味のある方には、ネタが尽きない程たくさんの芸術や舞踊があります。

 

世界的にも見どころ満載なバリ島は、ビーチやアクティビティなど遊ぶことばかりではもったいないです。

 

せっかくバリ島に来たのならば、世界遺産や無形文化遺産に触れ合うことも考えてみてはどうでしょうか?

 

Sponsored Link

 

バリ島には、独特の舞踊があります。

世界向けいい文化遺産にも登録されている舞踊を観光の中に入れてみましょう。

 

グッとバリ島文化があなたを魅了してくれることと思います。

 

 

今回は、バリ島の舞踊についてどんなものがあるのか?

また、どこで鑑賞することができるのかをまとめてみました。

 

☆バリ舞踊の種類

バリ舞踊には、大きく3つに分かれています。

  • ワリ Wali
  • ブバリ Bebali
  • バリ・バリアン BAlih-Balihan

の3種類です。

ワリは、は儀礼性が高い聖なる舞踊になります。

初潮前の女子が花の冠を付けて踊ったり、男の子が神々を護る踊りをしたりします。

 

寺院の一番奥で踊る舞踊です。

 

ブバリは、仮面をつけて踊ったり影絵芝居が夢いです。

寺院の中ほどで上演される舞踊です。

 

バリ・バリアンは、儀礼とはあまり関係がなく踊られる舞踊です。

市民が観賞用として楽しむ舞踊になります。

 

それでは、バリ島で現在観賞ができる舞踊がどのようなものがあるかを見てみましょう。

Sponsored Link

タリ・プニャンブタン

歓迎の踊りとも言われています。

 

神々に捧げる舞として舞踊でしたが、娯楽用にアレンジされたようです。

 

若い複数の女性によって舞われます。

踊りながら観客に花を投げかけてきます。物語性はありませんが、多数の演目があります。

 

レゴン

バリ王国時代に創られた宮廷内で娯楽として舞われた舞踊です。

 

舞踊には、ストーリーがあり今では、20種類以上があります。

 

二人の踊り子が鏡に映ったように同じ動きをするかと思えば、怪しく絡み合ったりします。

 

眼を大きく見開いて表情が印象的なので見逃さない様にしましょう。

 

 

バリス

バリスは、舞踊の中でも最も男性的な舞踊です。

 

元々は、群舞だったのですがソロ舞踊にアレンジされています。

群舞をバリス・グテといい、ソロをバリス・トゥルガルといいます。

 

青年や少年が躍ることが多く、戦士の心情が伝わってくる舞踊になっています。

 

また、戦士の鎧をイメージさせる衣装もバリ芸術ともいえる美しくも妖艶なる演出になっているので見どころです。

 

クビャール・トロンポン

20世紀中ごろに活躍したマリオという舞踊家によって作り出された舞踊です。

 

 

トロンポンという打楽器の前に座ってバチをもって踊ります。

 

助走をした男性が躍る舞踊で、半座の足さばきは異様に難易度が高いそうです。

並大抵の筋力では踊ることができないです。

 

その動きや、表情は男性とは思えない程で独特の色気を醸し出しています。

 

ケチャ

旅行者にも最も人気の高い舞踊です。

 

「チャ」という掛け声は、でたらめに出しているのではなくしっかりとしたパートによって構成されているのです。

 

そのリズム感と絶妙なズレ具合で見ている人たちを独特の世界へ連れて行ってくれます。

 

ケチャは、毎晩ウルワツ寺院で夕方行われています。

 

バロン

バロンは、森に棲む聖獣です。

 

バリ島のお土産には、よくこのバロンの顔が描かれたお菓子などを見かけます。

 

踊り手が両手を駆使して、仮面に表情があるかのように舞踊します。

 

厄除けの踊りとしてローカルでは脾たしまれています。

 

ワヤン・クリッ

絵芝居です。

祭礼や冠婚葬祭で良く演じられる舞踊です。

 

 

テーマは、主に善と悪の戦いが演目になります。

 

ヤシ油の炎の光で映し出されたオレンジ色の光の中で動く絵芝居は神秘的に感じられます。

 

人形遣いのダランという人は、一人で100体以上もの人形を操り声も変えていきます。

 

タルナ・ジャヤ

女性が激しく踊る舞踊です。

 

クビャール舞踊の傑作といわれていて、ゴン・クビャールのリズムと同化しています。

 

激しく、華々しく、切れ味の良い踊りはスピード感がすごいです。

 

女性が躍るのですが、足さばきは男性の足さばきをするので力強く激しい踊りになります。

 

男性的な印象をもつ女性舞踊です。

 

オレッグ・タムリリンガン

ミツバチの求愛をテーマにした舞踊です。

 

始めは女性がしなやかに待って始まります。

そして、途中から男性も加わりペアになって戯れるように舞います。

 

始めは子供が躍っていた舞踊でしたが、次第に大人が躍るようになり艶やかさも出るように進化したそうです。

 

トペン・トゥオ

仮面をつけた仮面舞踊です。

 

もとは、儀礼性の強いものでしたが次第に観光客用にも踊られるようになりました。

 

トペンは仮面、トゥオは老人の意味です。

老大臣の心情を表す舞踊が見どころです。

 

うまい舞踊家だと仮面に表情があるかのように見えるほどです。

 

ジャウッ

怒りっぽいキャラクターを演じる舞踊で森の中をさまようことを演じます。

 

眼を見開いた驚いたような表情の仮面をつけています。

半魔人の設定ですが、笑えるところも多く踊り手が歯切れよいジェスチャーで物語を進めていきます。

 

ガムラン演奏ともマッチしていて、どこか癒される演目です。

 

☆バリ舞踊はどこで見る

Sponsored Link

 

こんなに、いろいろなバリ舞踊ですがどこで見ることができるのでしょうか?

 

一番多く観ることができるのは、ウブドで鑑賞できます。

 

毎晩、ウブドの王宮近くでは、たくさんの舞踊が舞われています。

 

会場は、主に宮殿や寺院、集会所で踊られています。

 

サレン・アグン宮殿では毎晩踊っていますよ。

 

また、南部ではリゾートホテルやレストランでも観賞イベントとして催されているところも多いです。

 

ケチャダンスは、ウルワツ寺院で夕方に踊っています。

 

夕日と一緒にケチャのクライマックスが訪れる瞬間は、独特の世界観を作り出してくれます。

Sponsored Link

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

バリ舞踊のまとめは、いかがでしたでしょうか?

 

料金は、7万~12万ルピア(700円~1200円)くらいなので毎日見てもさほど高額にはならないと思います。

 

ここで一つケチャの、おまけ情報があります。

バリ舞踊は、ヒンズー教がベースです。

 

ヒンズー教は、陰暦です。つまり月の暦で動いています。

 

ですので、新月と満月の日のケチャダンスはいつものものと違うそうです。

 

あなたの日程が、その日に入っているならケチャを見てみるのもいいかもしれませんね。

出来れば、普通の人2回見ると違いが判ってなお面白いと思います。

 

それに、新月や満月の日って宇宙のパワーをしっかりもらえそうですものね。

バリヒンドゥーの神様と繋がってパワーアップしてみてください。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.