バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

部屋写真でわかるインテリアでバリ風アジアンにする一人暮らし法

2018/05/15
 
バリ風照明
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島旅行に行かれた方は日本に帰ってきてからも癒される空間を求められることが多いと聞きます。

日本の狭い一人暮らしの空間でもインテリアの選び方でバリ風アジアンテイストな空間が作れます。

インテリア選びのポイントやバリ風インテリアの種類を部屋写真を見ながらご紹介します。

一人暮らしだからこそのこだわりもマスターしましょう。

Sponsored Link

 

☆バリ風インテリアのお手本

バリ島にあこがれていたり旅行で訪れたことがある方もバリ島の魅力は私たち日本人になぜか感じるものがあるのは不思議なことです。

 

独特な落ち着いた雰囲気を味わいたいとバリ島に訪れることができる方ばかりではないでしょう。

日本にいてもバリ島の雰囲気の中で少しでも過ごしたいとアジアンテイストな雑貨やインテリアで部屋をコーディネートしてみたいと思うこともあるかと思います。

 

しかし、思いのままにあれこれ買い集めても何となく違う・・・

といった結果になることも多いです。

 

ちょっとしたポイントを押さえるとぐっと部屋が味なんてしストになりますよ。

一人暮らしで狭い部屋でも大丈夫です。

 

バリ風アジアンテイストなインテリアの選び方から部屋の作り方もご紹介します。

 

Sponsored Link

☆バリ風家具の選び方

一人暮らしの部屋をバリ風アジアンテイストな雰囲気に模様替えするときに気を付けたい点をまとめてみましょう。

大切なことはインテリアそのものよりもカラーの統一感や素材の見せ方です。

 

照明にこだわるとより雰囲気を出すことができますよ。

 

色をダークブラウンベースにする

バリ島をイメージするならやはりベースの色をダークブラウン系に統一していくことです。

重く感じるかもしれませんが意外と落ち着いた雰囲気になります。

 

ベースが決まれば後は指し色として

白・赤・オレンジ

などを少しだけ入れていきます。

 

ランチョンマットやベッドにクッションを置くだけでもかなり変わりますよ。

一人暮らしのベッドでもカバーをブラウンにして白の布の帯を置いてあげるとかなり高級感が出ます。

枕付近にオレンジや赤のクッションを置くともうリゾートホテルのベッドの出来上がりです。

 

 

カバー類を買い替えるだけですので費用もそれほど掛かりませんよ。

 

素材をナチュラル&ヒヤシンスでまとめる

机やいすやテレビ台なども同じくブラウン系でまとめましょう。

この時ナチュラル感のあるものやガラスを少し使ったものなどがお勧めです。

 

 

ヒヤシンスというアジアン家具でよく使われる植物の編み込み製品もお勧めです。

椅子やテーブルにヒヤシンスが少し見えるだけでもかなり雰囲気が出ます。

 

照明にこだわる

照明は間接照明にするとよいです。

色も電球色というオレンジかかった温かみのある電球を選びましょう。

 

天井の備え付けは日ごろの作業や暮らすときに使うとして、のんびりと落ち着きたい時間には消すと雰囲気がぐっとアジアンの夜になります。

 

下に置いた間接照明だけで過ごす時間はまさにばりとうのよるですね。

照明についてはこちらに詳しくまとめました。

参考になるかと思います。

バリ風なアジアン間接照明が欲しい?照明選びの秘訣やおすすめは

 

☆一人暮らしで気を付けること

一人暮らしで部屋のアレンジメントは自分の思い通りにできます。

凝りだすとだんだんストイックになってしまい自分によってしまうこともあります。

 

一人暮らしで気を付けたい点についても見ておきましょう。

 

大きすぎるインテリアを買わない

アジアン雑貨をいろいろ探していくと本格的なものは基本的に大きなものが多いです。

また、かなり重量のあるものもあるので一人暮らしで部屋に入れたり移動をするのが難しいです。

 

先ほど述べたように部屋の大きさにあったインテリアの大きさをあらかじめ決めておきましょう。

買いに行く前に配置と大きさをはかってから行くと失敗が少なくて済みます。

 

色と素材を重視して選んだ方が良いです。

最近では機能的でありながらバリ風アジアンテイストなインテリアも豊富になってきました。

 

本物にこだわりすぎて暮らしにくくなってはバリ島ののんびりと自由で開放的な感じは味わえなくなってしまいかねません。

 

大きさと重さは自分で持ってみて大丈夫かをしっかりと判断してくださいね。

 

お香や音楽に気を付ける

インテリアが決まってくるとだんだん置物を置いてみたりお香を焚きたくなるかもしれません。

さらに音楽もガムランなどバリ島民族音楽なんかを流したくなるものです。

 

 

もちろんこれはお勧めなのですがあまり度が過ぎると周りの方に迷惑になることもあります

特にお香の香りと音楽の音量は注意して臭いね。

 

知らず知らずのうちに香りは周りに広がりやすいです。

回数やお香をたく時間にも配慮が必要かもしれません。

 

あまり遅い時間や朝から焚くことは控えたほうが良いでしょう。

時間帯的には夕方や昼間が良いかもしれません。

 

Sponsored Link

☆おすすめのバリ風アジアンテイストなインテリア

いくつか参考になるようなインテリアをご紹介しますね。

どれを購入したらよいか迷われている方や、コンパクトなものが見つからないという方は参考にしてみてください。

 

ダイニングテーブルを置くようなら2人掛けを探された方が部屋が有効活用できるでしょう。

写真のように布を置くとぐっとおしゃれ感が出ますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:38999円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)

 

 

こちらは女性にお勧めかもしれません。

ちょっとくつろぎタイムとしてはこんな雰囲気のテーブルでお茶ができればリラックスできると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:82300円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)

 

 

ソファーやリビングテーブルが置けそうならヒヤシンス素材が取り入れられているものが明るさが出て涼やかでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:21384円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:19224円(税込、送料別) (2018/4/16時点)

 

 

このように少しインテリアの選び方を統一することで奮起を出すことができます。

気に入ったものがあれば購入してみてください。

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は一人暮らしの部屋でもバリ風アジアンテイストなインテリアで雰囲気を作る方法をご紹介しました。

日本でもアジアンテイストなインテリアは購入しやすくなってきています。

 

本物は大きく重量もあるものがありますので部屋に合わないものは避けるようにしましょう。

それよりも素材やデザインでかなり良いものもありますので日本の部屋に合ったものを購入されるのが良いかと思います。

 

照明やベッドカバーでもぐっと雰囲気を出せますので工夫次第でお安く模様替えができますよ。

一度にそろえようと思うと費用も負担がかかります。

少しずつ自分の空間をバリ風にしていく楽しみもよいものかもしれません。

 

じっくりと楽しみつつだんだん出来上がる空間でバリ島に近づいていきましょう。

できれば実際にバリ島に行くとより感慨深いものが感じられるようになるかもしれません。

 

また、彼女や彼氏や友人を呼んだ時にも少し印象に残る部屋で話も盛り上がるかもしれません。

だんだん同じような仲間やあなたがバリ島が好きだという情報が広がり思わぬ引き寄せが起こるかもしれません。

 

バリ島にはそんな不思議な力もあるのです。

たぶん・・・。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2018 All Rights Reserved.