バリ島観光旅行に行きたい人、バリ島にリピートする人、いつかはロングステイや移住を夢見る人たちと一緒に楽しむブログです。

バリ島でアタ製品はどこで買う?オシャレなアタバックはの購入方法

2018/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

バリ島のスミニャックにはオシャレなショップが集まっています。

 

ワンランク上の買い物をしたいなら断然スミニャックがおすすめです。

お土産を探している何らアタバックをおすすめします。

 

 

バリ島でも代表的な工芸品であるバックは、一生ものにもできるくらい丈夫なんです。

 

もちろんかわいくておしゃれなことは言うまでもありません。

 

そんなアタバックについてちょっとした通になってみましょう。

Sponsored Link

今回の記事は、こんな方におすすめです。

スミニャックで買い物を楽しむ予定の方

バリ島でのお土産を探されている方

アタバックのことを詳しく知りたい方

 

今回は、バリ島旅行に行かれた時に代表的なお土産として選ばれることの多い「アタバック」を取り上げます。

 

かわいいことは、もちろんですがバリ島の民芸品でもあるアタバックが長い年月をかけて喜ばれている理由をまとめたいと思います。

 

☆アタバックってどうして有名なの?

 

アタの歴史

バリ島に生息するシダ科の植物を加工して原材料を作っています。

 

油分の多い素材なので曲げたりの加工がしやすいんだそうです。

 

さらに繊維も丈夫なので長持ちすると様々なものへと活用されていったそうです。

 

しかし、始めは戦闘用の盾や防具として使われることが多かったそうです。

 

アタ製品が盛んなエリアは、バリ島東部のトゥガナン村というエリアが発祥と言われています

 

今でも多くのアタ職人さんやアタショップが軒を連ねているんです。

 

アタバックの誕生

そんな防具として使われていたアタ製品が変化を見せます。

 

盾として使われていたアタをみて、トゥガナン村のヌンガーさんがバックにしたらいいのではないかとひらめいたことからアタバックが誕生したそうです。

 

結構歴史的には、アタバックは短いんですね。

今では、アタバックや雑貨の方が有名になっていますよね。

 

今では、バリ島内どこでも見ることができるほどで回っています。

 

アタバック店が軒を連ねるトゥガナン村まで行けば、かなり格安でバックを購入できます。

 

日本のバイヤーさんも買い付けはここまで来るそうですよ。

 

それに、このエリアはバリ島でも独特の文化や暦の中で過ごしているのでここまで見学に来ても楽しいですよ。

 

見学すればわかりますが、今でも一つ一つ丁寧に手作りで作っていることが解ります。

 

手作りで、かわいい模様などを織りなす技術はさらにアタバックへ愛着を持たせてくれることと思います。

 

 

☆アタバックを買うならここ!アシタバヘ

Sponsored Link

 

時間の限られている旅行中に、アタバックの為だけになかなか時間が作れないという方にはバリ島南部に展開しているアタブランドショップがおすすめです。

 

アシタバとは?

アタ製品を多く取り扱う「アシタバ」というショップです。

 

バリ島内の観光地には大抵あるアタ製品を多く取り扱うショップです。

 

日本でもガイドブックや旅行雑誌でもたびたび紹介されているので見かけている方もいるかもしれません。

 

ウブドに行く途中にある「アシタバファクトリー」は、アタ製品の製造工程を観ることもできて時間のある方には面白いと思います。

 

観光地では、個人的にスミニャックのアシタバがオシャレで好きです。

 

回りの雰囲気やおしゃれな服ともコーディネートしやすく、好みものものが見つかると思います。

 

お値段も、2000円から4000円くらいのものがそろっています。

 

伝統工芸費と言っても、かなり頻繁に新作が出るので毎回チェックしても飽きないです。

 

アシタバはどこにある?どんなものを置いてるの?

スミニャックのアシタバは、ラヤ・バサンカサ通りにあります。

 

近くにはナルスボウルズというオシャレなカフェや、ワルンミンピの近くにあります。

 

 

こんなアタ製品が並んでいます。

 

 

☆今回の、ばぐ~す!ポイント

今回は、バリ島でお土産には入れておきたいアタバックについてお伝えしました。

 

アタバックがもともと防具だったということを初めて知った方もいるかもしれませんね。

 

バリ島の代表的な民芸品だけに一つくらいは持ちたいものです。

 

かわいいものがどんどん出てくる進化しているのもうれしいです。

 

バリ島に何度か行かれているようなら足を延ばしてトゥガナン村まで言って見るのも面白いですね。

 

バリ島の観光地には、必ずと言っていいほど「アシタバ」ショップがあります。

 

探すのに困ることはないと思います。

困るとしたら、どのバックや雑貨にするか迷って決まらないことくらいでしょうか?

 

あまり欲張って買い込みすぎないように注意してくださいね(笑)。

 


Sponsored Link

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立てる情報がありましたら幸いです。

また、お読みいただけるように楽しい記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。

バリ島に美髪で行きたい方や、バリ島から帰ってきたら髪のダメージがひどかった方はこちらのブログで美髪を取り戻してください。

”ばぐ~す!バリ島”の姉妹ブログです。

つや髪薬膳トレーナー直伝!30代からの美髪体質づくり”髪リッチ”

 

それでは、今日もばぐ~す!


この記事を書いている人 - WRITER -
バリ島の大富豪兄貴との出会いでバリ島が大好きになった”なおにぃ”。たくさんのご縁とご恩をいただきました。これから恩返しのつもりでバリ島の魅力や注意点なんかをあなたにお伝えしていきたいと思います。これもご縁ということでとことんバリ島にお付き合いください。将来は、バリ島移住が夢です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バリ島大好き♥”ばぐ~す!バリ島” , 2017 All Rights Reserved.